« 爽やか系ジャズ、時々フリー | トップページ | 今の僕の「人生の応援歌」 »

2006年12月14日 (木曜日)

絵に描いたようなフュージョン

朝晴れていたんだが、夕方から雨。昨日も、朝晴れていたんだが夕方から雨。でも、昨日は帰りは雨が上がっていたので、傘を差さずにすんだのだが、今日は傘を差さざるを得ないほどの雨。傘、嫌いなんですよね。というより、雨が嫌い。う〜ん、うっとうしいなあ。

なんかこのところ多い雨のうっとうしさを一時でも忘れたければ、やはり、スカッとするフュージョンだろう。今日の通勤音楽、帰りは、デビッド・マシューズの「グランド・クロス」。デビッド・マシューズ率いるフュージョンのスーパー・プロジェクト「グランド・クロス」、1981年の録音。実はこれ日本企画によるもの。フュージョン史にその名を残す「エレクトリック・バード・レーベル」の優秀盤の一枚。

Grand_cross演奏のテクニックが凄い。サンボーン、ブレッカー兄弟、ガッド、マーカス、カールトンをはじめ、今では恐らく実現不可能な「キラ星のスター・プレイヤー」の共演。寄って集って「これでもか」と言わんばかりに、テクニックの限りを尽くしているのだから「凄い」。どうやったこんな演奏できるのって感じのバカテクの展覧会。「アフリカン・ラテン・リズム」をテーマにした目眩くフュージョンの宴。


それだけだと、テクニックひけらかしの「俺が俺が」のバラバラな「テクニックは凄いが内容のない」フュージョン・アルバムになりそうなんだが、このアルバムは「ならない」。デビッド・マシューズのアレンジとリーダーシップが素晴らしいからだ。特に、マシューズのアレンジは素晴らしい。テクニックひけらかしの中に、しっかりと芯が通って、適度なテンションが保たれている。マシューズのアレンジのおかげである。

この「グランド・クロス」、ジャケットは写真の様に、ちょっと「ゲテモノ」「キワモノ」で、ジャケットを見ただけだと、かなり「ひいて」しまうんですが(まあ買う気は起こらんわな)、内容は素晴らしいものがあります。フュージョン・ファンには「マスト・アイテム」だと思います。

このアルバムなんかは、「絵に描いたようなフュージョン」っていうんでしょうね。あの頃を思い出して、懐かしくもあります。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください

« 爽やか系ジャズ、時々フリー | トップページ | 今の僕の「人生の応援歌」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵に描いたようなフュージョン:

« 爽やか系ジャズ、時々フリー | トップページ | 今の僕の「人生の応援歌」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー