« きっぱりと冬が来た・・・・ | トップページ | ところがどっこい素晴らしい »

2006年12月 4日 (月曜日)

尊敬に値するロック・バンド

70年代のロックバンドって、デビュー作からピークまでは素晴らしいのだけれど、下り坂になった時のパフォーマンスは最悪に近くて、仲違いしたり、ソロでやりたくなって急にバンドから脱退したり、バンドの活動全般を通じて、尊敬に値するロック・バンドっていうのは意外と少ない。

特に、録音方式のテクノロジーが激変する時に、そのバンドの真価が問われる訳だが、1960年代後半、まずやってきた革命的な録音テクノロジーの変化が「マルチトラック」。ビートルズは、この「マルチ・トラック」のお陰で、ロックンロール・バンドの看板を下ろした。まあ、逆に、ビートルズは、この「マルチ・トラック」のお陰で、永遠にロック史上に名を残すバンドになったんだけどね。

Emotional_rescueそして、当時、ほとんどのロック・バンドが「おかしくなった」、革命的な録音テクノロジーの変化が「デジタル機材・デジタル録音」である。この「デジタル」のお陰で、ほとんどのロック・バンドはおかしくなった。かの希代のメロディー・メーカー、ポール・マッカートニーの「マッカートニーII」、エルトン・ジョンの「VICTIM OF LOVE」ですら、「デジタルの波にやられました〜」って感じで「いけない」。


他のバンドだってそうだ。ジェネシスだって、デジタルの波に乗って、プログレのテイストなんてどこへやら、スカスカのポップ・ロックになってしまったし、そうそう、当時のプログレ・バンドの全てが、おかしくなってしまった。でも、そんな中で、そんな革命的な録音テクノロジーなんて、どこ吹く風。「そんなもん、関係ないさ。俺たちは俺たちさ」なんて、格好良くロックンロールをキメ続けた、尊敬に値するロックバンドが幾つかある。

その代表格が「ローリング・ストーンズ」だと僕は思っている。1980年リリースの「Emotional Rescue」を聴くと、僕は、彼らに対して「尊敬の念」を強く持つ。1980年と言えば、もうデジタル機材・デジタル録音が普及してきて、アナログの良さなどとこへやら、無機質なデジタル臭さと人間味の無い打ち込みが台頭してきて、ロックが実につまらなくなった頃なんだが、このローリング・ストーンズの「Emotional Rescue」(写真)は違う。

確かに、その頃の流行のパンクから発展したソリッドなロックンロール(ポリス風って言ったらいいのかなあ)、デジタル臭さプンプンの打ち込みロックの作風を踏襲しつつも、決して、デジタル的作風に流れず、しっかりと、昔ながらの「人間臭さプンプン」のローリング・ストーンズならではのロックを創り上げているのには、頭が下がる。素晴らしい出来です。人間が創る、人間が演奏するロックでこそ、「真のロック」といえるんだよな。

最近はやっとデジタルの環境も進化して、旧来のアナログの良さとデジタルの良さを併せ持った、優れたアルバムも出てきてるけど、デジタルってどうしても易きに流れるらしく、まだまだ、本来の良さを取り戻すには時間がかかりそうだ。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« きっぱりと冬が来た・・・・ | トップページ | ところがどっこい素晴らしい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尊敬に値するロック・バンド:

» “生きる伝説”はマッカートニーかモリッシーか [僕らの音楽(ブログ編)]
“英国の生きる偶像(Nation's Living Icon)”を決定する一般投票で、ポール・マッカートニー、モリッシーが争っているらいしですね。 世界的に見ると、断然ポールでしょうね。 ザ・スミスより、やっぱりビートルズの知名度の方が断トツでしょうね。 ところで、日本でやれば誰になるでしょうね。... [続きを読む]

« きっぱりと冬が来た・・・・ | トップページ | ところがどっこい素晴らしい »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー