最近のトラックバック

« クリスマス・イブに想うこと | トップページ | 僕をジャズに導いた名盤・その3 »

2006年12月25日 (月曜日)

ロックのクリスマス・アルバム

朝の3時に目が覚めて、そのまま寝付けず、ウツウツしてたら6時。おかしいなあ。なんで寝付きが悪いのか。ということで、とにかく寝不足で機嫌が凄く悪い一日。加えて、今朝は寒い。北風が重くて寒い。ということで、機嫌が凄く悪い一日。

機嫌の悪い頭で、ふと考える。70年代ロックの有名なバンド、ミュージシャンで、クリスマス・アルバムを作ったヤツっていないなあ。確かに、レッド・ツェッペリンが奏でるクリスマス・ソングなんて想像できないし、ディープ・パープルがハードに決める「ホワイト・クリスマス」は想像できない。

プログレの連中だと、やりそうなものだが、そういえば、EL&Pの「夢見るクリスマス」というのがあったぞ。原題は「I believe in Father Christmas」だから、サンタクロースを信じている、という意味かあ。聴いたことがあるが、「あぁ、これでEL&Pも終わったなあ〜」と思ったものだ。

Lennon_m_1

確かに、70年代ロックに、まっとうなクリスマス・アルバムが無い。まあ、ロックの連中が、可愛い雰囲気で「クリスマス・ソング」を歌ったら、それだけで気持ちが悪いか。でも不思議やなあ。R&Bやポップスの世界では、「クリスマス・アルバム」って良くあるのになあ。なんで、ロックだけないんやろか(完全に寝不足モード)。

しかし、70年代ロックの世界で、とっておきのクリスマス・ソングが1曲だけ、ある。ジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」、原題が「Happy Christmas (War is Over)」。「Happy Xmas Kyoko, Happy Xmas Julian」と、ジョンが囁く声でスタートする。Yokoじゃないぞ、Kyokoだぞ。曲が始まってからの盛り上がりは、さすがに、フィル・スペクターのプロデュース。ここでのウォール・オブ・サウンドは楽器で無くて、コーラスで盛り上げる。荘厳な雰囲気。心にジーンと響く音。

1969年12月、ジョンはヨーコとともに、平和キャンペーン「WAR IS OVER」を展開。全ての戦争の終結と楽しいクリスマスを願うメッセージを発信した。そして、1971年、この永遠のクリスマス・ソング「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった) 〜Happy Christmas (War Is Over)」をリリース、平和への祈りを歌う。現在では、世界的なクリスマスの定番ソングとなっている。

僕のとっておきのクリスマス・ソング。 これだけは、中学時代から、ずっとずっと変わらない。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« クリスマス・イブに想うこと | トップページ | 僕をジャズに導いた名盤・その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/4674999

この記事へのトラックバック一覧です: ロックのクリスマス・アルバム:

« クリスマス・イブに想うこと | トップページ | 僕をジャズに導いた名盤・その3 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ