最近のトラックバック

« 僕をジャズに導いた名盤・その1 | トップページ | クリスマス・イブに想うこと »

2006年12月23日 (土曜日)

僕をジャズに導いた名盤・その2

いや〜、久し振りにスカッと晴れたねえ。こちら、千葉県北西部、快晴でした。このところ、曇り空が続いていたので、今日の青空は、実に気持ちが良い。しかも、ちょっと暖かかったので、もういうこと無し。久し振りの麗らかな冬の日、って感じでした。

さて、昨日、「僕をジャズに導いた名盤・その1」で、MJQの「ピラミッド」との出会いを書きましたが、なかなか、このMJQとの出会いだけで、ジャズにのめり込むには、ちょっと無理があります。当時、僕が大学1年の時には、他に、僕をジャズに導くような出来事が立て続けに起こります。その度に、名盤と言われる「優れもの」に出会えたことを、今では幸運だったと思ってます。

Koln_concert幼稚園から中学1年生までの8年間、クラシック・ピアノを、かなりハードな感じで習っていて、ピアノについては、ちょっと普通の人よりは、様々な知識とノウハウを持ち合わせている。その関係もあって、ロックを聴くにしても、大半のロック小僧が憧れた「エレキ・ギター」に執着することなく、僕の場合は、ピアノの他、シンセサイザーやハモンド・オルガン等のキーボードが大のお気に入りだった。


当然、ジャズについても、ジャズ・ピアノに出会わなければ、ここまで、のめり込むことも無かったかもしれない。当時、ジャズといえば、ジャズの楽器に関する印象は、トランペット、テナー&アルト・サックスが中心の印象があって、それらの楽器を大きな音で吹き鳴らす、てな感じが僕の中でもジャズだった。だから、「ちょっとうるさくて」「ちょっと猥雑で」「俗っぽい」音楽、という先入観はここから来ている。

しかし、昨日書いた、大学の友人の家で聴かされた、もう一枚の名盤が、キース・ジャレットの「ケルン・コンサート」。キース・ジャレットのフリー・インプロビゼーションなソロ・ピアノである。これには、ビックリした。ジャズの主たる楽器の中に、僕の大好きなピアノがあった、ということ。そして、そのピアノが、「ちょっとうるさくて」「ちょっと猥雑で」「俗っぽい」印象とは正反対の、「繊細かつダイナミック」「芸術のレベルに昇華された内容」「クリスタルでメロディアス」なキースのソロ・ピアノに度肝を抜かれた。

キースの「ケルン・コンサート」を聴いて、僕はジャズを完全に誤解していたことに気がついた。それどころか、ジャズって、結構、奥が深くて、懐が深くて、芸術と呼ばれるべき内容を内包していることに、直感的に気がついた。決して、聴きやすいばかりではない、ヒネリとスパイスが効いた、とっつきにくい部分もあるが、これは面白い音楽のジャンルだと直感した。

ということで、僕の最初のお気に入りのジャズ・ピアニストは、キース・ジャレット。当然、彼のアルバムを買い漁る訳だが、1970年代の彼のフリーな演奏と、あの独特の「唸り声」に悩まされながら、彼のピアノの奥にある「ロマンチシズム」と「ジャズの伝統」と「個性と才能とアイデア」を聴き取って、更に、ジャズの深み、はまり込んでいくのであった。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 僕をジャズに導いた名盤・その1 | トップページ | クリスマス・イブに想うこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/4650781

この記事へのトラックバック一覧です: 僕をジャズに導いた名盤・その2:

« 僕をジャズに導いた名盤・その1 | トップページ | クリスマス・イブに想うこと »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ