« あの日のことは忘れない | トップページ | 体育会系プログレ・バンドじゃ〜 »

2006年12月10日 (日曜日)

「ジャズの小径」12月号更新!

今日は天気も回復。日中は予想されていた季節風も強くなることもなく、ちょっと穏やかな日。しかし、夕方になるにつれて、季節風が強くなって、今ではビュービュー吹いている。明日の朝は寒いんだろうなあ。

さて、我がバーチャル音楽喫茶『松和』、「ジャズ・フュージョン館」の毎月更新の名物コーナー「ジャズの小径」の12月号をアップしました。12月の「ジャズの小径」は、今年も12月号恒例、クリスマスにちなんだジャズ・アルバムをご紹介しています。

(バーチャル音楽喫茶「松和」へのアスセスは、右の「音楽喫茶「松和」のサイト」からお願いします)

Jazz_komichi_200612

今回は、ケニー・バレルとアル・ディ・メオラ、2人のギタリストによるクリスマス・アルバムをご紹介してます。

一枚目は「Kenny Burrell / Have Yourself a Soulful Little Christmas」。ブルージーで黒くて優しくて骨のあるバレルのギターが、クリスマス・ソングと合うのか。誰だって最初はそう思うでしょうね。ブルージーな深夜のイメージがピッタリのバレルのギターが、厳かなクリスマス・ソングに合うわけが無い。それが、どうしてどうして。聴いてみると、これが結構、ピッタリなんですよ。

二枚目は「Al Di Meola / Winter Nights」。アル・ディ・メオラの初のクリスマス・アルバム。このアルバムのメンバー構成は通常の構成とは違って、ギター+バンドゥーラ+パーカッションが基本構成。モダン・ジャズって感じの演奏では無いし、聴き応えのあるフュージョンって感じでもないです。

このバンドゥーラという弦楽器(弦が沢山あるマンドリンみたいなヤツ・詳細はググって下さい)の、多弦ギターというか、ハープというか、硬質な弦の和音の響き。バンドゥーラという弦楽器の音、なかなかにエスニックかつオリエンタルな響きがあって、しばらくクセになります。

今回のアルバム選択のテーマは「なさそうで、ありえる、組み合わせの妙」。ケニー・バレルのクリスマス・アルバム、アル・ディ・メオラのエスニックかつオリエンタルなワールド・ミュージック系アコギ。どちらも「なさそうで、ありえる」アルバムです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« あの日のことは忘れない | トップページ | 体育会系プログレ・バンドじゃ〜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャズの小径」12月号更新!:

« あの日のことは忘れない | トップページ | 体育会系プログレ・バンドじゃ〜 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー