最近のトラックバック

« 「紫」の思い出の数々 | トップページ | 70年代のフュージョンが・・・ »

2006年11月 8日 (水曜日)

りんごのにおいと風の国

今日の朝は快晴。昨日、風が強くて大変だった分、今日の朝は空気が澄んで、雪をまとった富士山、うっすら雪化粧した男体山、頂上にちょっとだけ雪(?)の赤城山、そして、くっきりと筑波山、南には、房総半島の低い山々が、うちのバルコニーから見渡せた。素晴らしい景色である。

ほんとに寒くなった。さすがに、今日は厚手の冬の背広を着用。ああ、憂鬱やなあ。寒いの苦手なんだよな。これだけ、寒くなってくると、冬眠したくなってくる。熊やリスが羨ましくなる、今日この頃である。

しかし、この晩秋の季節になると、決まって思い出す「風景と匂い」がある。大学時代、10月の終わりから11月の始めにかけて、車で、大阪を出て、日本海に出て、小松辺りから白山スーパー林道を目指し、雪でクローズされていて、迂回し、白川郷から野麦峠を越えて、松本へ出て、伊那谷を下って、恵那山の脇を越えて、名古屋を経て、大阪へ帰るという、とんでもない旅をした思い出がある。

Olive3

野麦峠を越えて、野麦街道をどんどん降りていって、奈川渡ダムを横目で見て、さらにどんどん降りていくと、フロントガラスに松本盆地が広がる。ちょうどこの季節の夕方である。車を止めて、夕日を一身に浴びながら、歩道の縁に座る。どこかで野焼きをしているのであろう、藁を焼いた香ばしいにおいがたちこめる。セロファンのような晩秋の夕日。少し、冷たい、凛とした夕暮れの空気。そして、道の彼方には、松本盆地がぶわ〜っと広がる。里山は静かに夕支度を始めているかの様に、優しい面持ちで佇んでいる。

なんだか、心がジ〜ンとして、しみじみと涙が出そうな、そんな日本の原風景だった。あれから25年。今でも、忘れられない、素晴らしい風景の思い出である。

この風景を思い出すと、決まって、松任谷由実の「りんごのにおいと風の国」を思い出す。アルバムのジャケットがフランスのファッション雑誌っぽくお洒落な印象を与えている「Olive」の10曲目。この「りんごのにおいと風の国」の歌詞と曲の雰囲気が、信州の晩秋の夕暮れ時にぴったりなのである。

りんごのにおいと風の国  作詞・作曲 : 松任谷由実

ハロウィーン 木枯らしのバスが
夕暮れの街を過ぎれば
うつむいた人々 どれもが似ている顔
たぶん あなたの愛した 私はどこにもいないの
若さが創った 美しすぎるまぼろし

もういけない たずねてゆけない
わがままなあなたをゆるしそう

ハロウィーン りんごのにおいと風の国へ急ぎます

ハロウィーン いのこずち ひとつ 
くちづけてセーターに投げたの
言えなかった想いを 残らずこめるように
そして ストーブの前で ぬいだとき気づいて欲しい
小さなブローチ 短い秋のピリオド

もういけない たずねてゆけない
ひたむきなあなたを探しそう

ハロウィーン りんごのにおいと風の国へ急ぎます
風の国へ急ぎます

曲中の「いのこずち」。実に三本のヒゲ状の棘(とげ)があるのだが、主人公は、それをセーターに投げつけて、それがセーターに付くことで、別れた彼への想いを表現しているのである。絶品である。名曲である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開されます。表示されるまで少し時間がかかります。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 「紫」の思い出の数々 | トップページ | 70年代のフュージョンが・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/4115821

この記事へのトラックバック一覧です: りんごのにおいと風の国:

« 「紫」の思い出の数々 | トップページ | 70年代のフュージョンが・・・ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ