最近のトラックバック

« 「ジャズの小径・11月号」Up! | トップページ | のだめカンタービレ・その1 »

2006年11月13日 (月曜日)

時にはこんなジャズ・ピアノ

体調が悪かった週末を過ごした月曜日は、なんとなく不安。もしかしたら、これからどんどん体調が下り坂になるかもしれないとか、風邪をひいたのかなとか、今日も体調が良くないと仕事に差し支えるなとか、この歳になると、いろいろ悪く悪く考えながら、おそるおそる会社へ行くこととなる。

こんな時の通勤音楽は、渋くて穏やかなジャズが一番。聴いていて、なんとなくクセがあるけど爽やかで、テンポが良くて、歌心のある、そんなジャズが一番。今日は、『ジャズピアノの父』アール・ハインズの「ヒア・カムズ」を聴きながら、体調の不安を抱えながら会社へ。

Here_comesこのアール・ハインズの「ヒア・カムズ」ってアルバム、当時のナンバーワンのベース、ドラムスのリチャード・デイヴィス、エルヴィン・ジョーンズと共にトリオで1966年に録音。アール・ハインズは、すでに還暦を過ぎた「お爺ちゃん」。その「お爺ちゃん」のハインズが、オールドファッションなピアノ・スタイルでありながら、モダンなリズムに乗って軽快にスイングする、痛快なアルバム。


アール・ハインズとは、1905年12月28日ペンシルバニア州生まれのピアニスト。27年にルイ・アームストロングのバンドに参加し彼のホット・ファイブを通じて名演奏を残した。ニューヨークに出てシカゴのグランド・パレスに自楽団を率いて出演。これが43年になってバップの原点ともいえる歴史的なバンドに発展させ48〜51年にルイのオールスターで活躍。ジャケットの英語を読むと分かるように、アール・ハインズの愛称は「FATHA」。つまり「父」。では、この「お爺ちゃん」のどこが凄いのか。

ジャズの原点と言われるニューオリンズ・ジャズにピアノはない。ピアノは、使われるとしてもコード進行を活かしたリズムセクションの役割。自由に動き回る管楽器のバックでコードを奏でる役目。つまりはずっと伴奏の役割でした。そんなピアノを、見事に解放したのがアール・ハインズ。そう、彼は伴奏が中心だったピアノで、ソロをとれるようなピアノを弾いた初めての人。

まあ、そんなことは予備知識としてあればよくて、このピアノ・トリオ、モダン・ジャズ系のピアノ・トリオとはちょっと違う。左手はブギウギ・ピアノの様に「ザワザワ・ザザザッ〜」とリズムを取りながら、右手はホーンライクに単音で旋律を奏でるけれど、雰囲気はスイング・ジャズ。でも、バックのベースとドラムは、新進気鋭のリチャード・デイヴィス、エルヴィン・ジョーンズで雰囲気はモダン・ジャズ。このハインズと子供の様なリズム・セクションとのミックスが、独特な雰囲気のピアノ・トリオ演奏を繰り広げる。

う〜ん、なんか落ち着くんだよね。ハインズのピアノはクセがあってコクがある。デイビスのベースはモダンなウォーキングでノリが良く、エルビンのドラムは硬軟自在にハインズに寄り添う。いやいや、とても渋い、通なピアノ・トリオである。

モダンでもなければ、先進的・最先端でも無い。ブギウギ+スイングなピアノでも、モダンなリズム・セクションと出会えば、こんな個性のある、コクのあるジャズになる。ジャズってホントに柔軟で、適応性のある音楽なんだな、って改めて感心感心。



★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 「ジャズの小径・11月号」Up! | トップページ | のだめカンタービレ・その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/4173390

この記事へのトラックバック一覧です: 時にはこんなジャズ・ピアノ:

« 「ジャズの小径・11月号」Up! | トップページ | のだめカンタービレ・その1 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ