最近のトラックバック

« 時にはこんなジャズ・ピアノ | トップページ | のだめカンタービレ・その2 »

2006年11月14日 (火曜日)

のだめカンタービレ・その1

今日も天気が良い。気持ちが良い。昨日に比べて、体調もちょっと回復してきた感じがする。朝の気温も、昨日に比べて、ちょっと暖かくて気持ちがよい。

さてさて、夫婦揃って「のだめカンタービレ」にはまっている。初回から仕事も早々にあがって、リアルタイムで、じっくり見ているのだが、完全にはまった。ギャグ的な表現にハマッタのと、やはり、若い時代の音楽を演奏する側からのドラマは楽しい。

幼稚園から中学1年生までは「クラシック・ピアノ」、中学1年生から2年生は「ブラスバンドでアルト・サックス」。高校時代〜大学時代は「フォーク・デュオ」と、拙いながらも、音楽を演奏する方をずっとやって来た自分からすると、どうも「のだめカンタービレ」や「スイング・ガールズ」などの「音楽を演奏する」ことを題材としたドラマや映画は大好きである。とにかく、共感するというか、物語に入ってしまうのだ。
 

Nodame_kanban_1

 
「のだめカンタービレ」を見ていて、何が良いかと言えば「ラプソディ・イン・ブルー」。エンディング・ロールでは、必ずこの「ラプソディ・イン・ブルー」のコミカルな演奏の部分が流れるのだが、もうこれが「たまらん」。「ラプソディ・イン・ブルー」は小学校高学年、音楽の時間に聴いて、「こんなに楽しい交響楽があるんや」と感動して以来の大のお気に入りである。この「ラプソディ・イン・ブルー」が毎週聴けるだけでも僕は幸せ。

さて、ではジャズのアルバムで、この「ラプソディ・イン・ブルー」を演奏したアルバムはあるのか。これが、フュージョンの世界であるのですね。デオダートの「Deodato 2」。邦題がずばり「ラプソディ・イン・ブルー」。このアルバムがリリースされたのが1973年。フュージョンというジャンル言葉はまだ無く、「クロスオーバー」と呼ばれていた時代の名盤である。そうそう、ジャズとクラシックの融合とか、ジャズとロックの融合とか、当時は聴く方も、演奏する方も結構真剣に、この課題に相対していた。

Eumir Deodato(arranger, conductor, keyboards, synthesizer)、John Tropea(guitar)、Stanley Clarke(bass)、Billy Cobham(drums)を始めとしたオールスターズ。クロスオーバー時代のアルバムなので、ところどころ、「おっ、カラベリときらめくストリングスか〜」と叫んでしまいそうな軽音楽丸出しのオケのバッキングや、どう考えたってロックでしょう、としか思えないエレキ・ギターのフレーズ、これはもうジャズではなく、ロック、それもちょっと悪のりではないかと思われるシンセサイザーのド派手なソロなど、苦笑してしまう部分もあるけれど、このごった煮感覚が良いんですよ。

そして、ラストの「ラプソディ・イン・ブルー」。なんでこんなにジョン・トロペイのギターばっかりフューチャーするんだ〜、なんて思っちゃいけません。それが良いんです。とにかく、この演奏の「疾走感」と「ノリ」がイイ。そして、どこから聴いても「デオダート」なキーボードも、ファンにはたまりません。それと、アレンジがなかなか良い。どこから聴いても「クロスオーバー」な演奏(決して「フュージョン」では無い)で、僕は今でも大好きです。

のだめカンタービレのお陰で、ちょっと忘れていたクラシックの面白さを思い出した。そして、挿入曲、エンディング・ロールに「ラプソディ・イン・ブルー」をピックアップした、そのセンスには、ちょっと脱帽である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

 

« 時にはこんなジャズ・ピアノ | トップページ | のだめカンタービレ・その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/4186417

この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ・その1:

« 時にはこんなジャズ・ピアノ | トップページ | のだめカンタービレ・その2 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ