« 散歩しながらの思いつき | トップページ | これは凄い本だぞ〜 »

2006年10月30日 (月曜日)

晩秋の季節はちょっと苦手です

秋もたけなわ、晩秋である。近くの屋敷の庭の楓も紅葉し始めた。風も程良く冷たく、空は筋雲混じりの真っ青な抜けるような空である。夕暮れ時の日の光は、霞んだようで柔らかく、それでいて暖かい。

すっかり秋である。もうすぐ秋も終わる。そんな寂寞感溢れる、こんな日は、決まってセンチメンタルな気分になる。鼻の奥がツンとなるような物寂しい気持ち。なんだか一人取り残されたような。こんな時は決まって、高校から大学の多感な時代を思い出す。

Jb_solo1秋の夕暮れ時のシルクのような、うっすら紗のかかったような柔らかな優しい日差しの中で、ビジネスまみれの頭と心が浄化され、感覚が、あの頃の時代、そう、印象的な想い出が詰まっている高校時代、大学時代に戻っていく。感覚が、あの頃の時代、高校時代、大学時代に戻っていくと、決まって、あの頃を感じて、その「温もり」を感じる一方、しんみりとした、甘酸っぱい「切なさ」も同時に感じる。


あの頃を感じて、その「温もり」を感じる一方、しんみりとした、甘酸っぱい「切なさ」も同時に感じたら、決まって、僕は、ジャクソン・ブラウンが聴きたくなる。ジャクソン・ブラウンについては「My Favorite Rock」のコーナーで、実に女々しいトーンで、ご紹介しているが、ジャクソン・ブラウンは「なぜか、女々しいトーンがよく似合う」と本気で思っている。

ちょっと、鼻に詰まったような「かすれた声」。切なさと温もりが混じった「印象的な歌詞」。そして、これぞウエストコースト、と言える、バックバンドの「格好良さ」。永遠の青春歌謡ロック(良い意味で、ですよ)、ジャクソン・ブラウンの今回のお気に入りCDは「Solo Acoustic Vol.1」。

ジャクソン・ブラウンが、生ギターとピアノのみの伴奏で、往年の名曲を歌いまくる、ジャクソン・ブラウンのファンにとっては、堪らない企画CD。語りも(英語なので半分位しか判らないけど・・・)ウィットに富んでいて、演奏はシンプルで、ジャクソン・ブラウンのボーカルが映えて、一気に聴き切ってしまう。

10代後半の「切なさと温もり」を感じたいなら、僕は絶対に「ジャクソン・ブラウン」。



★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開されます。表示されるまで少し時間がかかります。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 散歩しながらの思いつき | トップページ | これは凄い本だぞ〜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の季節はちょっと苦手です:

« 散歩しながらの思いつき | トップページ | これは凄い本だぞ〜 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー