« 晩秋の季節はちょっと苦手です | トップページ | 音楽を聴くときの先入観って »

2006年10月31日 (火曜日)

これは凄い本だぞ〜

昨日は寝付きが悪かった。考え事をしながら床に入ったのがいけなかったのか、夜中の2時過ぎまで寝付けず、今日は完璧に寝不足。加えて、ちょっと風邪の入口にたっている状態で、なんだか、今日は一日、スキッとしない一日だった。

それでも、音楽はキッチリ聴くもんで、往きは、ドゥービー・ブラザースのラスト・アルバム「ワン・ステップ・クローサー」、帰りはアール・ハインズの「Here Comes」を聴いて、音楽を聴く時だけは上機嫌。でも、音楽を聴くだけでは、感性のおもむくままな感じなので、僕は結構、音楽に関する本を読む。

Asylum_book このところ、改めて、じっくりと読み進めている本がある。これが、70年代ロックのファン、特に、ウエストコースト・ロックがお気に入りの人間には、堪えられない本なのだ。かなり以前に、このブログでもご紹介した、「CDジャーナル編集部」編集の「アサイラム・レコードとその時代」である。

アサイラムと言えば、イーグルスやジャクソン・ブラウン、ジョニ・ミッチェル、リンダ・ロンシュタットといった、70年代ウェスト・コースト・ロックを代表するアーティストが多数在籍した伝説的なレーベルである。


再度、声を大にして言うのだが、このレーベルには、ウエストコースト・ロックのファンには、もう、堪らないほどのミュージシャンが、キラ星の如く並んでいるのだ。そして、このガイドブックの素晴らしさは、なんといっても、アサイラム・レコードのリリースした173枚のレコードを、全て、カタログ的に網羅して、そのアルバムの内容を紹介していること。なんど読み返しても、これは素晴らしいことである。

「アサイラムが発表したアルバムをレコード番号毎に掲載しました。アルバムが入手できなかったものを除いて、全て取り上げてあります」と注意書きにあることが素晴らしい。CDコレクターには、とても有り難いガイドである。

何度も同じ話で申し訳ないが、つまり、このガイドの173枚は「入手可能」なのだ。レコード番号順に「入手可能」なのだ。久しぶりに、コレクターの血が騒ぐ。実は・・・、もう既に、少しずつだがコレクションを始めてしまった。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開されます。表示されるまで少し時間がかかります。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 晩秋の季節はちょっと苦手です | トップページ | 音楽を聴くときの先入観って »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは凄い本だぞ〜:

« 晩秋の季節はちょっと苦手です | トップページ | 音楽を聴くときの先入観って »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー