« 「ジャズの小径」を更新しました | トップページ | プロレスと70年代ロック »

2006年10月16日 (月曜日)

70年代のJロックを聴く

そう言えば、最近、70年代のJポップ、Jロックを特集する「懐かしの70年代館」の「青春のかけら達」のコーナーを更新していない。こりゃ〜あかんなあ、と思い直し、70年代のJポップ、Jロックに想いを馳せて、今日は、すっかり、70年代Jロックのモードに突入。

今日は「クリエイション」を一気聴き。クリエイションは、エリック・クラプトンらのホワイト・ブルースに傾倒したギタリスト・竹田和夫を中心に結成。竹田和夫(G)、飯島よしあき(G)、松本茂(B)、樋口晶之(D)。ブルージーなツイン・ギターが売りだった。

Creation_banner

日本のバンドが英語で歌うのが流行っていた時代で、そのなかでも結構格好良かったのを思い出した。彼らのルーツは、きっとエリック・クラプトンらのホワイト・ブルース。聴きこんでいくと、それが手に取るように判る。ちょうど、1970年代前半のブリティッシュ・ロック。ブルースとスワンプとがまぜこぜになって、そして、適度にレイドバックしている。

そして、どう見ても、ウイッシュボーン・アッシュのパクリとしか思えないツイン・リード。でも、どれもが完全コピーでは無く、オリジナリティーを感じさせるのが、このバンドの良いところ。

そして、ところどころ、なんとなく歌謡曲風していて、なんとなく、60年代後半のGS風のフレーズが見え隠れしたりする。これって、日本人のロックでしか出来ない、日本人のロックの個性である。リアルタイムで聴いていた若かりし頃は、これがなんとなく恥ずかしかったんだが、今では、これが「日本人ロックの個性」と評価できる。うん、年を取るのも悪くない。

「クリエイション」を一気聴きして、70年代の「あの頃」の秋風を感じ、「あの頃」の日の光を感じて、そして、今、「あの頃」の音を素直に評価できる自分を感じて、なんだか嬉しくなった。

« 「ジャズの小径」を更新しました | トップページ | プロレスと70年代ロック »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 70年代のJロックを聴く:

« 「ジャズの小径」を更新しました | トップページ | プロレスと70年代ロック »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー