« バタバタな土曜日である | トップページ | 今日は快晴、のんびりウォーク »

2006年10月 8日 (日曜日)

懐かしの70年代館を更新!

今日も一日、凄い風が吹き荒れている。もう4日連続になる。北海道東方沖に、凄く発達した低気圧があって、その影響なんだけど、しかし、その影響だけでこれだけ風が吹くか。これだけ、強い風が4日も吹き続けるなんてことは今までなかったことなので、ちょっと心配している。

さて、今日は朝から買い物に行って、それから、夏の背広を一気にクリーニングに出し、代わりに冬の背広とコートを一気に引き取って、洋服タンスの中に収納するという「衣替え」。それが終わって、部屋の掃除、古新聞・古雑誌(これが結構重たい)を捨てに行って、落ち着いたところで、バーチャル音楽喫茶『松和』の「懐かしの70年代館」の更新を始める。

Pfm_banner

先週来、予告していた「PFM」の記事を取りまとめして、サイトにアップ。

「PFM」とは、イタリアン・プログレの雄で「Premiata Forneria Marconi」 の略称。カタカナ表記で書くと、プレミアタ・フォルネリア・マルコーニ。イタリアが世界に誇るプログレッシヴ・ロック・グループである。イタリアン・ロックの最高峰であり、プログレッシヴ・ロックの至宝。

彼が世界的に認められるきっかけは、ピート・シンフィールド(懐かしい)が着目して、マンティコアレーベル(懐かしい)から世界進出を果たしたことです。当時、日本では、イタリア盤など、ほとんど流通していなかった中で、日本盤でPFMが聴けたのは、実に素晴らしく有意義なことでした。その後は、紆余曲折を経ながらも、今日でも立派なオヤジバンドとして現役なのはうれしい限り。

今回「懐かしの70年代館」では、70年代のPFMのアルバムの中でも、世界進出を果たした「ワールドワイド盤」を中心にお話を進めています。PFMって、イタリアのバンドなんで、イタリア盤も存在するんですよね。このイタリア盤も、実はワールドワイド盤にないテイストがあって、イタリア盤はイタリア盤で「実に良い」。しかしながら、歌詞が当然英語では無く、イタリア語なので、その発音から、英語の歌詞・歌に慣れてきた耳には、ちょっとした違和感があり、一般万民向けではないなあ、という判断で、今回のアップからは割愛しました。

そのうち、イタリアン・プログレの特集を組みたいと思ってますので、その時に、PFMのイタリア盤について触れようかと思っています。それまでお待ち下さい。

70年代プログレ好きの皆さんは、是非、一読を。とにかく、英国のプログレにはないテイストがあって、これにハマルとちょっと病みつきになること請け合いです(笑)。

« バタバタな土曜日である | トップページ | 今日は快晴、のんびりウォーク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの70年代館を更新!:

« バタバタな土曜日である | トップページ | 今日は快晴、のんびりウォーク »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー