« お次はCTIの大量リリースです | トップページ | うっとうしい空には「大麻兄弟」 »

2006年9月12日 (火曜日)

初めて買ったマイルスって・・・

マイルスの紙ジャケ再発は、実に楽しみで、既に大量に予約発注をしてしまった。まあ、大量とはいえ、小遣いの範囲なので、かわいいもんだ。マイルスは、どのアルバムも良い。マイルスは、ジャズ・ミュージシャンの中で、一番好きなミュージシャンで、マイルスのアルバムは、全部、欲しい。

でも、大学時代、ジャズを聴き始めたとき、マイルスはさっぱり判らなかった。でも、マイルスって「ジャズの帝王」と呼ばれていることは知っていたので、とにかく、アルバムを買っては聴き、買っては聴き、それでも、最初はなんだか判らなくて、それでも、そんな恥ずかしいこと人に言えなくて、「マイルスってええの?」って訊かれたら、「やっぱ、凄いね」なんてドキドキしながら、答えてた。

Circle_in_roundそういえば、一番最初に買ったマイルスのアルバムって何だったんだろう、と考えた。う〜ん、あれは、大学2年生の頃ではなかったか。子供の頃、クラシック・ピアノを習っていて、手が小さいのでクラシック・ピアノに限界を感じ始めた頃、ピアノの先生(美しくて若い憧れの女先生でしたね〜)に「あなたはリズム感が良いから、やってみる?」と言われてジャズ・ピアノをちょっとだけど習っていた。

そういうこともあって、ジャズを聴き始めた頃は、ジャズ・ピアノのアルバムばっかり集めていたのだが、当時、定期購読を始めていた「スイング・ジャーナル」に、スインング・ジャーナル選定ゴールド・ディスクに選定された、マイルスの「サークル・イン・ラウンド」という、日本で企画された未発表オムニバス・アルバムが掲載されていた。そうそう79年の事である。

スイング・ジャーナル選定ゴールド・ディスクだし、評を読むと「アコースティック・マイルスから、エレクトリック・マイルスに至るまで、広範囲な時代から選ばれた未発表曲集で、大変貴重なもの」とあるので、単純に、アコースティック・マイルスとエレクトリック・マイルスの両方が聴けると思って買ったら、これが「なにがなんだか良く判らず、なにが良いのかサッパリ判らん」ものだった。

そりゃ〜そうで、今から思えば、未発表曲集なんて、絶対に初心者が買うものでは無い。正式なアルバムに採用されなかった演奏ですよ、未発表曲って。マニアからすれば「こんな演奏もあったんだ〜」「こんな別テイクもあったんだ〜」で終わるのだが、初心者からすれば、いわゆる「ボツ」になった演奏なんだから、何が良いか、さっぱり判らないはずだ。まあ、たまには、未発表曲で、アルバムに採用された演奏よりも優れたものもあるが、まあ、初心者の方々は避けて通った方が賢明ですね。

しかし、今聴いても、この「サークル・イン・ラウンド」は、マイルス・ファンの僕でも、なかなか手のかかるアルバムであることは事実。こんなアルバムを最初に買って、良くここまでの「マイルス者」になったもんだと、感心する次第です(笑)。

« お次はCTIの大量リリースです | トップページ | うっとうしい空には「大麻兄弟」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めて買ったマイルスって・・・:

« お次はCTIの大量リリースです | トップページ | うっとうしい空には「大麻兄弟」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー