« まだ本調子に至らず・・・ | トップページ | 米国で活躍する「元気印」 »

2006年9月 6日 (水曜日)

快方に向かっております

体調の件で、バーチャル音楽喫茶『松和』のお客様に、いろいろと、ご心配をおかけしております。

今日になって、特製の漢方薬が効いてきたのか、ちょっと良くなってきました。お腹の調子も持ち直して来ましたし、胃の痛みも和らいできました。朝起きたときの気分で判りました。今日の千葉県北西部地方は、すごく涼しかったしね。もう完全に秋です。

昔から、なぜだか判らないのだが、体調の悪い時は、日本語の曲(ニューミュージック系)じゃないと受け付けなくなるのだが、体調が回復してくると、徐々に、ジャズに戻っていく、という特性が僕にはある(笑)。といっても、いきなり純ジャズは「キツい」ので、フュージョン系辺りから、徐々に回復基調になるのが通例。今日の通勤音楽は、なぜか、高中正義の「セイシェルズ」。日本人が奏でる「和風フュージョン」である。

Seychelles高中正義のアルバム、敢えて音楽のジャンルに当てはめるとしたら、どのジャンルになるのかなあ。この「セイシェルズ」は、まあ「フュージョン」のジャンルかな。2曲目の「トーキョーレギー」や、6曲目の「サヨナラ・・・FUJIさん」という、日本語ボーカルが入っているトラックは「なぜ、こんな曲が収録されているのか」理解不能な奇々怪々な曲で、昔から耳にする度に「ズッこける」。

まあ、すごくクセのある日本語ボーカル曲なので、ハマった人はとことんハマるんだろうけどなあ。他のインストルメンタル中心の曲は良いですよ。発売当時は、音楽関係者から音の線が細いと言われ、良い内容にも関わらず、売れなかったそうです。意外ですし、当時の音楽関係者の耳って、どんな耳をしていたのでしょうかね。僕たちは、当時、大学生でしたが、冒頭のトロビカルなインスト曲だけで気に入って、しばらく、カセットにダビングして、かけまくってましたよ。ジャケットもなかなか雰囲気あるしね。

朝の通勤音楽に、自然と「フュージョン」を選んで、体調は快方に向かっている感じ。後は、新しい仕事の環境に慣れていくだけ。そういえば、先ほどフッと気がついたのだが、昨日今日と昼から先方に行ったので、生活する上で、大変、大切な事を確認するのを忘れていた。新しい会社って、食堂で、昼ご飯を食べる「方式」「手順」や「支払方法」ってどうなっているんだろう(笑)。

« まだ本調子に至らず・・・ | トップページ | 米国で活躍する「元気印」 »

コメント

>体調の悪い時は、日本語の曲(ニューミュージック系)じゃないと

これ、私もデス(汗。

ど〜も、yurikoさん。僕の方は、大分、調子が戻ってきました。
「体調が悪い時、日本語の曲・・・」、yurikoさんもですか〜。
ジャズ好きって、そうなのかなあ。
でも、僕だけじゃなくて良かった(笑)。

以前、やはりジャズ好きの友人が「体調不良の時はデスモンドをよく聞く。コルトレーンの重いのは受け付けない」なんて言ってました。快方に向かってらっしゃるようで安心しました~。

yurikoさん、ありがとう。
やっぱり、そうですか。「体調不良の時はデスモンド」って方も
いるんですね。う〜ん、なんだかホッとする情報ですなあ。
どうやら、ジャズ好きは、大なり小なり、そういう傾向がある
みたいですね(^_^)v。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快方に向かっております:

« まだ本調子に至らず・・・ | トップページ | 米国で活躍する「元気印」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー