« 涼しくて、ノンビリした一日 | トップページ | SMB再結成!!! »

2006年8月27日 (日曜日)

ホームページ更新しました

バーチャル音楽喫茶『松和』、ジャズ・フュージョン館の「フュージョンの風に吹かれて」のコーナーを更新しました。今回は「ナイロン弦の心地よい響き」と題して、アール・クルーをご紹介しています 
(http://www.ne.jp/asahi/matsuwa/home/ ←カット&ペーストしてね)。

GRPのデイヴ・グルーシンに見出され、1976年にブルーノート/キャピトル・レコードより、ファーストアルバム「Earl Klugh」を発表。当時としては珍しい、アコースティックギター(ナイロン弦ギター)をメインにしたアルバムでした。

Finger_paintingsエレクトリック・サウンドとアコースティック・サウンドの融合。繊細すぎるほどのガット・ギター・プレイは、デイヴ・グルーシンのアレンジに見事にマッチ。思うに、アール・クルーの秀作って、このディヴ・グルージンとのコラボレーションにある気がします(それだけでは無いんだろうけどね)。今回は、アール・クルーの初期のアルバムから、お気に入りの3枚について語ってます。


今日の、我が千葉県北西部地方は、またまた涼しい一日。窓を開けっ放しにしておくと、結構、風が通って、肌寒いくらいだった。太陽の日差しは、まだまだ夏の日差しなのだが、もう風は秋の気配。特に、今日は北風〜東風なので、涼しいことこの上ない。名古屋以西は、まだまだ残暑が厳しいみたいで、実にお気の毒としかいいようがない。涼しいので、今日は久々にぐっすり昼寝が出来た。

今日の夕飯は僕の当番。今日は、涼しくなったので「じゃがいもグラタン」と洒落込んだ。グラタンは得意料理の一つで、というか、グラタンって、ソースだけ上手に調達すれば、後はオーブンさえあれば、そんなに難しい料理ではない。鼻歌交じりで約40分。美味しい「じゃがいもグラタン」の出来上がり。ビール片手にいただくグラタン。こたえられない旨さである。

これだけ涼しくなれば、明日からは、クールビズを返上して、ネクタイ締めて会社へ行くかな。

« 涼しくて、ノンビリした一日 | トップページ | SMB再結成!!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホームページ更新しました:

« 涼しくて、ノンビリした一日 | トップページ | SMB再結成!!! »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー