« iTunes Originals、小野リサ | トップページ | ケニー・ドーハムの歌心 »

2006年8月24日 (木曜日)

大変遅まきながら「ビョーク」

蒸し暑い。大変蒸し暑い。風はちょっとは吹くんだが、湿気が多くて蒸し暑い。こんなに蒸し暑い夏は記憶にないぞ。さすがに日も短くなってきて、お日様の日没時間だけ見ると、着実に秋は近づいているんだろうが、この蒸し暑さはなんなんだ。

しかも、どこでもインターネット+メール用、加えて原稿書き用のiBook(Whity)が故障した。無線LANのベースステーションと通信が出来ない。これは困った。電子メールは、このiBookでやりとりしているので、これでは電子メールのやりとりが出来ないじゃないの。今日は、仕事を早く上がって、iBookの電子メール環境をPowerBook 17inchへ移植した。これがちょっとめんどくさい。さきほど、やっと移植完了。これからは、このPowerBook一台で全てをまかなわなくてはならん。新しいiBookは来年の春、新MacOS同梱のヤツを買う予定なので、暫く我慢我慢。

大変遅まきながら、ビョークを聴き始めた。デビュー(Debut)、ポスト(Post)、ホモジェニック(Homogenic)、ヴェスパタイン(Vespertine)、メダラ(Medulla)のオリジナル作5タイトルのほか、彼女が手掛けた『セルマソングズ〜ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク(Selmasongs)』と『拘束のドローイング9(Drawing Restraint 9)』のサウンドトラック2作を収録したボックス盤が出た。

Bjork_surroundedビョークは断片的には聴いてきたのだが、デビューアルバムからまとめて聴いたことは無い。一度、まとめて聴いてみたいものだ、と思っていたら、このボックス盤「Surrounded」の登場である。しかも安い。デュアル・ディスク(片面がDVD、もう片面がCDという、両面使って大変お得という代物)というのが気になったが、物は試しと購入した。しかし、やはり、デュアル・ディスクは難物だ。


ステレオのメインシステムの方の、DVD・SACDコンパチのユニバーサル・プレイヤーでは、音飛びがしてCD面が再生できない。まあ、書庫のサブシステムのCDプレイヤーでは再生できたので良しとする。まあ、片面がDVD、もう片面がCDという、両面使って大変お得という代物で、CD面はオマケって触れ込みだからなあ。

とおもいきや、今度はiTunesにおとそうと思ったら、デュアル・ディスクって、両面使ってるので、片面だけのディスクに比べて、ちょっと厚い。つまり、PCの自動ローディング形式のスリット型のディスク・ドライブにセットする事が出来ない。ここで、故障したiBookの登場である。無線LANの通信が出来ないだけなので、他の機能は完動する。このiBookは、旧来のトレイ型のディスク・ドライブなのだ。この故障したiBookでディスクにおとして、PowerBookに転送するという、ややこしい作業を継続中である。

それでも、昨日、『デビュー(Debut)』『ポスト(Post)』の2枚をiPodに入れた。今日の通勤往復の音楽は、当然、ビョークである。でも、昨晩はそんなこんなで、大変な夜更かしをして、大変、寝不足である。

« iTunes Originals、小野リサ | トップページ | ケニー・ドーハムの歌心 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大変遅まきながら「ビョーク」:

« iTunes Originals、小野リサ | トップページ | ケニー・ドーハムの歌心 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー