« 70年代館の準備に忙しい | トップページ | 70年代館、更新しました »

2006年8月 7日 (月曜日)

夏真っ盛り、暑い〜暑い〜

夏真っ盛りである。今日も暑い。今日は会社は休み(次の仕事が、最後の最後の調整で滞っているので仕方がない)。朝から暑いので「ゴロゴロ」。それでも、午前中は、近づいている台風の影響か、風が結構あったので、窓を開けっ放しにすると、とりあえず過ごせる感じ。

しかし、昼を過ぎると、その生命線となる爽やかな風が「ピタッ」と止んで、それからはもう「暑い〜〜〜」。我慢できない暑さになった。それもそのはずで、室温は35度。暑いはずです。さすがに、14時過ぎにはエアコンを入れました。ホッ。

Eat_a_peach昨日、オールマン・ブラザース・バンドの「イート・ア・ピーチ」のデラックス・エディションを入手。オリジナルの「イート・ア・ピーチ」は既に持っているのだが、これが15年くらい前に手に入れたCDで、とにかく音が良くない。ベールがかかった感じというか、鼻が詰まった感じというか、モコッとした音でなんとかしたいなあ、と思っていたところへ、デラックス・エディションの発売である。


とにかく、このデラックス・エディションの購入を決めた動機は、Disc2の存在。「イート・ア・ピーチ」録音後に不慮の死を遂げたDuane Allmanの、1971年6月、フィルモア・イーストにおける最後のライヴ演奏が入っていること。全9曲中「ワン・ウェイ・アウト」と「ミッドナイト・ライダー」以外は未発表だったもの。あの名盤ライブ『フィルモア・イースト・ライヴ』から3ヵ月後の音源ということで、「裏フィルモア・ライヴ」とでも言うべき内容。これが素晴らしい演奏なのだ。こんな音源が21世紀になって出てくるなんて。本当に長生きはしてみるものです(笑)。

これは「買い」でしょう。それでなくても、オールマンズについては何でも通しも俺だからねえ。アルバム本編も、リマスタリングされて、音は申し分ないどころか、飛躍的に音が良くなっていて、ビックリした。この素晴らしく良い音で聴く「ブルー・スカイ」は、もう至福の時であります。

« 70年代館の準備に忙しい | トップページ | 70年代館、更新しました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏真っ盛り、暑い〜暑い〜:

« 70年代館の準備に忙しい | トップページ | 70年代館、更新しました »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー