« エリック・クラプトン、来日確定 | トップページ | 大変遅まきながら「ビョーク」 »

2006年8月23日 (水曜日)

iTunes Originals、小野リサ

昨日、「結婚できない男」を最後まで見て、風呂に入って寝たので0時を回っていた。しかも、今朝、5時に暑くて目が覚めてしまい、完璧に寝不足である。先週の土曜日からの体調不良も、やっと快方に向かいつつあるっていうのに、なんてことだ。寝不足の体には優しい音楽が良い。先日、iTMSを見ていたら、小野リサの「iTunes Originals」がアップされているのを見つけて、即ダウンロードしておいた。今日の朝の通勤音楽は「小野リサ=ボサノヴァ」である。

Menina小野リサと言えば、1962年ブラジル・サンパウロ生まれ。家族がクラブを経営しており、音楽に恵まれた環境に育つ。1972年に東京へ移住(1980年代からは年間4〜5ヶ月をブラジルで生活しているそうです)。1989年にシングル「ユアー・ソー・ユニーク」でデビュー。日本人でありながらもブラジル音楽であるボサノヴァを歌い続け、日本国内に多くの若きボサノヴァ・ファンを獲得した。


何を隠そう僕もその一人である。確か、最初に出会ったアルバムが「ミニーナ(Menina)」というアルバム(写真)。このジャケットに一目惚れ。いわゆる「ジャケ買い」である。雑誌のレビュー記事でボサノヴァ・アルバムってことは知っていたが、小野リサについては予備知識全く無し。ジャズ、ロック以外のジャンルで良く買ったもんだ。でも、良かったんだよ、このアルバム。冒頭のアップテンポではじまる「O Samba」。もう、ウキウキ、ノリノリで「夏じゃ、サンバじゃ、ボサノヴァじゃぁ」って感じで、心躍るリズム、爽やかな歌声。いや〜、良く聴きました。

その小野リサさんが、iTMSにアップしたオリジナル・プログラム。これ、ええよ。小野リサさんの演奏(このプログラムだけのオリジナル録音が結構あるのが嬉しい)と、その曲の紹介(ちょっとぎこちないところが初々しくて良い)が交互にくる、ラジオ番組みたいな構成。選曲はバラエティに富んでいて、小野リサさんのベスト・アルバム的な構成が嬉しい。小野リサさんのファンのみならず、ボサノヴァが好きな方にはお勧めですよ。

朝は小野リサ、夕方は、KEANEの「Under The Iron Sea」を聴いて、蒸し暑い中にも、爽やかな気分。体調も良くなってきたみたいだ。

« エリック・クラプトン、来日確定 | トップページ | 大変遅まきながら「ビョーク」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iTunes Originals、小野リサ:

« エリック・クラプトン、来日確定 | トップページ | 大変遅まきながら「ビョーク」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー