最近のトラックバック

« 最近のジャズ・トランペッター | トップページ | 日々雑感・2006年7月9日 »

2006年7月 8日 (土曜日)

U2の原点「Boy」を久しぶりに堪能

最近、大阪のお嬢が、U2だ、BONOだと騒いでいる。U2といえば、まだ僕が大学生の頃、確か1980年の秋も深まった頃だったと思うが、僕の親しい友人にパンク野郎がいて、これがまた、筋金入りのパンク野郎で、麻雀やるにも、研究室で調べ物する時も、行きつけの喫茶店で珈琲飲んでくつろぐときも、いつでもパンクをカセットに入れて持ち歩いていて、いつでもどこでもパンクなのだ。パンクって、確かに刺激的な演奏で、聞き始めはちょっと刺激的なところが心地よいんだが、もともと音楽的には単純に出来ているので、常に聴いていると、早々に飽きてくる。いつでもどこでもパンクの奴が、僕等友人仲間から疎まれていたは自明の理である。

Boyその「パンク野郎」が、1980年の秋も深まる頃、U2を持ち込んできた。U2のデビューアルバム「Boy」。麻雀卓を囲みながら、またまた、奴がパンクのカセットをデッキに放り込んで、僕たちは「またか〜、また、パンクかよ」と一瞬どっぷり暗くなったのだが、スピーカーから出てきた音に一瞬ビックリ。「これは何だ、これはパンクでは無い」。そう、U2の「Boy」には、今までに無い「何か」があった。


そうそう、大阪のお嬢がU2だ、BONOだ、と叫んでいるので、久しぶりに、いやいや本当に久しぶりに、U2の「Boy」を聴いた。「Boy」は、1980年10月リリースの、U2の記念すべきデビュー・アルバム。ソングライティングのセンスの良さと、初々しいギター・ポップが聴ける1枚。僕は、このU2のデビューアルバムは、先に紹介した、僕の大学時代のパンク野郎に、偶然にも初めて聴かされ、この「Boy」を聴いて、「ああ、やっと、単純な”パンクだけ"の時代が終わった」と感じた。とにかく、パンクの時代は終わったのだ。

U2の音は、パンクのような単純でソリッドな音を踏襲しながらも、当時のニューウェイヴの影響を受けつつ、70年代ロックのアナログチックな、デジタルの演奏から見ると、なんだかちょっと「ヘタウマ」な、人間味のあるアナログな音が、新旧ロックの良さを併せ持った雰囲気が、当時、実に新鮮かつ実に頼もしかった。加えて、商業化されてしまった英国および米国のロック界から出現したのでは無く、アイルランドという思いもしなかった国から、U2が出現したことに、これからのロックのワールド・ミュージック化を垣間見たような気がして、これからの展開に希望を持った(真にその展開が実現されるには、1990年半ばまで待たなければならなかったけど)。

「Boy」の音世界は、アイリッシュらしい哀愁を帯びた、美しいメロディラインをベースに、口ずさみたくなるような曲が散りばめられて、実に素敵なアルバムである。そんな中でも、「I Will Follow」「Out of Control」が、U2の原点を示している名曲だと僕は思う。ああ、懐かしいなあ。1980年を思い出しつつ、今もこのアルバムは、現在のロックにも十分通用する個性を持っていることを再認識した。

大阪のお嬢が、iPodU2限定モデルを「やっても〜た」し、そのおかげで、U2の原点「Boy」を久しぶりに堪能した。音楽を楽しむきっかけって、様々なバリエーションがあって、毎日毎日が、予想もしないハプニングの連続で、楽しいこと極まりない。

« 最近のジャズ・トランペッター | トップページ | 日々雑感・2006年7月9日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/2556104

この記事へのトラックバック一覧です: U2の原点「Boy」を久しぶりに堪能:

« 最近のジャズ・トランペッター | トップページ | 日々雑感・2006年7月9日 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ