最近のトラックバック

« アメリカン・ロックの最高峰 | トップページ | ブルーノートは素晴らしい »

2006年7月30日 (日曜日)

突然、東京ビックサイトへ

昨夜、義弟から携帯メールがあって「明日、東京ビックサイトに行きたいけど暇?」って問い合わせ。うちのカミさんが返信を打ったんだが音沙汰無し。どうなったんかいな、と思っていたら、今日の朝9時、突然「今からそっちへ行く」。車で2時間半ほどかかる距離なので、慌ててカミさんと定例の買い出しに行って、帰ってきたら、義弟はもうすぐそこまで来ていた(今日は道が空いていたみたい)。危ない、危ない。

さて、今日、東京ビックサイトで催されているイベントで、義弟好みのイベントとは・・・。「AUTO GALLERY TOKYO 2006」である。2006年7月28日~30日に開催される、チューニング・カー、カスタム・カーのイベント「オートギャラリー東京2006」。チューニング・カー、カスタム・カーって表現すると、なんだか格調高い表現になるが、分かり易く言うと「改造車」である。つまり「改造車」のマニアが集う「改造車マニア」の為のエキスポなのだ。

Auto_gallery_1我が家に到着した義弟は、昼飯もそこそこに、ビックサイトへGO! そんなに焦らんでもええやん。約1時間で、東京ビックサイトに到着。入り口には、「AUTO GALLERY」の看板と「癒しフェア」の看板。「癒しフェア」って何?。この「癒しフェア」に後ろ髪をひかれつつ、「AUTO GALLERY」へ直行。

「AUTO GALLERY TOKYO 2006」へ入場してみてビックリ。そこはもう別世界が広がっていました。いやいや、入ってみて、そこに広がる「改造車」いや違った「チューニング・カー、カスタム・カー」の数々。それぞれのプロが腕をふるった「改造車」いや違った「チューニング・カー、カスタム・カー」の数々。

Auto_gallery_2それはそれは、我々、一般庶民から思いもよらない、きらびやかな世界が広がっておりました。う〜ん、こんな世界があるんだねえ。そして、その「AUTO GALLERY TOKYO 2006」の会場を埋め尽くす人の7〜8割は、はっきりその世界のマニアと判る人達ばかり。そんな中、ところどころ、黒山の人だかりができている。

きっと、「改造車」いや違った「チューニング・カー、カスタム・カー」の中でも、マニア垂涎の車があって、その車をカメラに収めるべく、黒山の人だかりになっているのかと思って、近づいてみると・・・。

Auto_gallery_3なんだなんだ〜。マニア垂涎の「改造車」いや違った「チューニング・カー、カスタム・カー」ではなくて、なんとコンパニオンのお姉ちゃんではないですか。皆さん、真剣にシャッター押してました。お姉ちゃんを熱中して写す人達のカメラが、これまた凄い。プロ顔負けの最高級デジカメなのだ。

しかも、ビデオカメラを回している輩も。思わず「車を見に来たの、お姉ちゃんを見に来たの?」と訊きたくなるような光景でした。

「改造車」いや違った「チューニング・カー、カスタム・カー」のトレンドといえば、いつの時代も「オーディオ」が浮かぶが、これまた実に進化しておりました。「これがカー・ステレオの音かいな」と耳を疑うばかりの音音音。いや〜、ここまでくると、完全にプロの技ですな。「チューニング・カー、カスタム・カー」の世界も隅に置けません。

かかっている曲はと言えば、ちょっと耳を傾けてみると、センスの良い選曲もありました。ドゥービー・ブラザースの「チャイナ・グローブ」「ロング・トレイン・ランニン」や、ステッペン・ウルフの「ワイルドでいこう」、イーグルスの「ならず者」、ローリング・ストーンズの「ジャンピング・ジャック・ フラッシュ」など、なかなかのセンスです。

ドゥービー・ブラザースやイーグルスの曲は、カルフォルニアのトラック野郎も良く運転しながら流すらしいし、この辺は「音楽に国境は無い」って感じです。でも、日本の楽曲となると、そのほとんどが「浜崎あゆみ」。この個性のなさはどうにかならんでしょうか。「チューニング・カー、カスタム・カー」のマニアの皆さん。

いや〜、今日は義弟のおかげで、良い勉強、良い体験させてもらいました(笑)。

« アメリカン・ロックの最高峰 | トップページ | ブルーノートは素晴らしい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/2865356

この記事へのトラックバック一覧です: 突然、東京ビックサイトへ:

» 2人の女王エイベックスで内紛勃発 [one line@news]
プロモーションの仕方やCDの売り上げなどでお互いに張り合っている [続きを読む]

« アメリカン・ロックの最高峰 | トップページ | ブルーノートは素晴らしい »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ