最近のトラックバック

« コルトレーンからマイルスへ | トップページ | アメリカン・ロックの最高峰 »

2006年7月28日 (金曜日)

パパパパ、パフィー〜!

このところ、ジャズ続きでちょっとマンネリしてきそうなので、今日の通勤音楽は気分転換。昨日、今度はアマゾンから、パフィーいや、Puffy AmiYumiの新譜「Splurge」が送られてきたので、今日はこれ。今日は、朝からジャパニーズ・ポップ・ロックでノリノリである。

パフィーは、デビューの「アジアの純真」で、「なんだこれは、ELOではないか、ジェフ・リンではないか、この歌詞は何だ〜、聞かせてバラライカってなんだ〜」と度肝を抜かれて以来、ファンである。パフィーの2人の雰囲気とセンスと「ユルユル感」が、とても気に入っているのだが、彼女たちをとりまくスタッフの面々の「ちょっとひねったオシャレなアイデア」と「パフィーというユニットを誰よりも理解し大切にしている気持ち」も、とても好きだ。

Splurgeパフィーって、米国のアニメ「TEEN TITANS」から「Hi Hi Puffy Ami Yumi」で米国内に露出する機会を得て認められた。そして、その視聴率が、子どもアニメ部門の1位を記録した。香港、台湾、アジアでの人気は知っていたが、これを聞いたときは正直言って驚いた。米国でのコンサートツアーも大成功、国民的行事であるニューヨークの感謝祭パレードに招かれたり、完全に米国でブレイクしてしまった。


まあ「言葉は分からなくてもエモーショナルが大事」と言うから、そうなってもおかしくないのだが、でもねえ、あのパフィーがねえ。でも、彼女たちの雰囲気はデビュー当時から僕も認めているので、ファンとしては嬉しい限りだが、(教えてもらって見てみたのだが)日本版以上に詳しい英語版Wikipedia「Puffy Amiyumi」があって、リンクも多数されているのを目の当たりにすると、なんだか痛快ですらある。

ということで、今回のパフィーの新譜は、パフィーの日本盤の新譜では無く、US盤Puffy AmiYumiの「Splurge」を購入(日本盤より千円も安いし)。まず、曲順が違う。当然、曲名は全て英語。US盤にしては歌詞カードが付いているのだが、日本語で歌っている曲の歌詞は全て「ローマ字表記」。これには笑ったなあ。そうだよな。US盤の歌詞カードに、日本語の歌詞を付けても、向こうの人たちは読めんもんなあ(納得)。でも実際聞くところによると「米国BBSを読んでいると日本語歌詞のままで共感している人もかなり多い」とか。う〜ん、目から鱗である。

内容はと言うと、これがイケる。冒頭、英語の歌詞でロックビートに乗って、ぶっ飛んでいくのであるが、ちょっと「ユルユル」な所があって、これが実に個性的。アルバム全体から見て、「米国でも発売するのだから英語の歌も当然アリ」という、自然な感じでの英語の歌詞の採用が、かえって違和感の無い方向に作用しているようだ。楽曲の提供者は、奥田民夫はもちろんのこと、甲本ヒロト、横山健、斎藤和義、ギターウルフ、草野マサムネ、と絢爛豪華な面々。

アルバム全体の曲の流れも良く、このままの順でライブがやれちゃいそうな、聴いていて気持ちの良い流れ。「アジアの純真」や「これが私の生きる道」「渚にまつわるエトセトラ」などのような、その内容が突出した楽曲は無いが、どの曲もツブがそろった佳曲ばかり。ポップで、ロックで、キュートで、ちょっと「ユルユル」な、そして、あっけらかんとした、「これがパフィーだ!!」という感じの、十分満足できる内容だと思います。

「Splurge」を辞書で紐解くと「(話) 見せびらかし」とある。今年でデビュー10周年。これぞパフィーというアルバムを「見せびらかされた」感じで、聴いていて実に「痛快」である。

« コルトレーンからマイルスへ | トップページ | アメリカン・ロックの最高峰 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/2840548

この記事へのトラックバック一覧です: パパパパ、パフィー〜!:

« コルトレーンからマイルスへ | トップページ | アメリカン・ロックの最高峰 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ