最近のトラックバック

« G・ベンソン、アップしました | トップページ | コルトレーンって凄いの? »

2006年7月25日 (火曜日)

管入り、レッド・ガーランド!

せっかく、超弩級のコルトレーン専用iPodを作ったので、今日の通勤のお供は、久方ぶりに、iPod-miniである。今朝の千葉県北西部地方は霧雨(傘をさすほどではないが)。こんな憂鬱な日は、なんとなく、ハード・バップな気分なので、朝から、コルトレーンを聴きながら会社へ。

コルトレーンを聴きながらとはいえ、コルトレーンのリーダー作は、ちょっと朝からはキツいので、コルトレーンがサイドに回ったアルバムを探す。そして、これと決めたのが、レッド・ガーランドの「ソウル・ジャンクション」。このアルバム、まともに聴くのって、3年ぶり位かなあ。でも、これが大当たり。冒頭の表題曲「ソウル・ジャンクション」で、もうノック・アウトでございます。

Soul_junctionDonald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), George Joyner(b), Art Taylor(ds)のクインテットの編成なんだが、冒頭の「ソウル・ジャンクション」は、曲の最初から後半まで、ピアノ・トリオの演奏で、これがゆったりとしたテンポで、ちょっとダルな雰囲気で、でも、しっかりとテンション張って、実にブルージーな、実にコクのある演奏を展開する。コロコロとしたガーランドの右手が実に映える演奏だ。


そして、中間過ぎて、コルトレーンがブワーッと入ってくるところなんざあ、鳥肌モノですぜ。この「ソウル・ジャンクション」のコルトレーン、絶好調です。ゆったりとしたスローなテンポの中で、悠々とストレートにサックスを吹き上げていくことろなんか、やっぱり、コルトレーンって凄いですね。このアルバム全編で、コルトレーンは絶好調です。

トランペットは、最初、聴いた時に「あれ〜っ、誰だったっけ」。リー・モーガンほど「アクやクセが無く」、ケニー・ドーハムほど「くぐもってない」、しかも、しっかりとトランペットを「鳴らし切って吹き上げる」、テクニックは「上々」。当時、ハード・バップ全盛時代にレコーディング・ミュージシャンとして引っ張りだこだったトランペッターを並べて、消去法で推測していくと、これは「ドナルド・バード」ですね。良いペットの音です。一生懸命吹いている様子が目に浮かぶようです。

ジョージ・ジョイナーのベースも、アート・テイラーのドラムも、しっかりとバックをサポートしていて、特に、ジョージ・ジョイナーのベース、彼って結構マイナーなベーシストですが、彼のウォーキング・ベース、なかなかのものです。アート・テイラーのドラムは、もう全く問題無し。職人芸です。

バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」で、レッド・ガーランドのアルバムをご紹介していますが、ピアノ・トリオに限ってご紹介したので、この「ソウル・ジャンクション」の様な「管入り」のレッド・ガーランドのリーダー・アルバムをフォローし切れていません。この「ソウル・ジャンクション」を聴いて反省しました。こりゃ〜、管入り、レッド・ガーランドを掘り下げて、「ジャズ・フュージョン館」に追加収録せなあかんなあ。

ハード・バップな気分の日に、良質なハード・バップが聴けたら、もう1日は幸せな気分です。

« G・ベンソン、アップしました | トップページ | コルトレーンって凄いの? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/2799333

この記事へのトラックバック一覧です: 管入り、レッド・ガーランド!:

« G・ベンソン、アップしました | トップページ | コルトレーンって凄いの? »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ