最近のトラックバック

« 日々雑感・2006年7月9日 | トップページ | 良い人、良い酒、酔っている »

2006年7月10日 (月曜日)

タイムマシンにお願い、再び

週明け、朝から仕事なので、さすがに3時起きは辛い。録画で我慢しようと思っていたが、やはり気になったのか、5時に目が覚めたので、テレビをつけてみる。時間的には、サッカーW杯の決勝は終わっているはずの時間なんだが、まだ、やっている。なんだ、延長戦である。流れを見ていると、こりゃ〜両チームともPK戦もやむなし、の雰囲気が漂っている。延長後半5分、ジダンの退場騒ぎがあったりしたが、結局PK戦へ。イタリアの決勝戦のPK戦といえば、アメリカ大会のバッジオの大ふかし。しかし、今回はイタリア5人全員がPKを決め、イタリアが優勝。でも、決勝戦がPK戦で決着がつくっていうのは、なんだか釈然としない。試合としては引き分けなんだからなあ。でも、これで1ヶ月に渡るサッカーW杯は幕を閉じた。これで、僕も、寝不足との戦いは終わった(笑)。次は4年後、南アフリカ大会。

Smb_againさて、話題は変わるが、iTunes Music Storeを巡回していると、たまに「おっ」と思う曲がアップされていることに気づいて、ビックリする。キリンラガーのCMで、17年ぶりに再結成されたサディスティック・ミカ・バンド。オンエアされた曲は「タイムマシンにお願い」。


ヴォーカルを木村カエラが務めた。テレビでこのCMを見ただけでもビックリしたのだが、今回、この曲が、着うた&ネット配信されることになって、iTMSにアップされていたのだ。木村カエラの「タイムマシンにお願い」って、CMで聴いただけでもなかなか雰囲気がよかったので、即、iTMSからダウンロード。このところ、PCに向かってネットサーフィンしている時のBGMとして、結構、ヘビーローテーションになっている。木村カエラのボーカルって、サディスティック・ミカ・バンドの曲に「実にあう」。オリジナルのミカのボーカルに、ツヤとハリを加えたような、実に魅力的なボーカルである。

まあ、バック・バンドのメンバーがメンバーだけに、これまた、木村カエラのボーカルを活かすような、工夫の見える演奏で、これはこれで「ニクイ」。前回の再結成時のボーカルだった桐島かれんは「ちょっとな〜、なんだかな〜」って感じだったけど、木村カエラは「良い」。サディスティック・ミカ・バンドの他の曲も再演して欲しいなあ。「黒船」なんか、全曲、今の技術と木村カエラのボーカルで、再演して欲しいなあ。

動機が単純なんですが、明日からちょっと、サディスティック・ミカ・バンドのアルバムを聴き直そうと思ってます。

« 日々雑感・2006年7月9日 | トップページ | 良い人、良い酒、酔っている »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/2594574

この記事へのトラックバック一覧です: タイムマシンにお願い、再び:

» サディスティック・ミカ・バンド −タイムマシンにおねがい− [音楽無料試聴サイトMOVA]
こちらの試聴は、「サディスティック・ミカ・バンド・リヴィジデッド」木村カエラ版ではなく、初代メンバーでの曲となります。無料試聴をどうぞ。 [続きを読む]

« 日々雑感・2006年7月9日 | トップページ | 良い人、良い酒、酔っている »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ