最近のトラックバック

« アリスの想い出・その2 | トップページ | 最近のジャズ・トランペッター »

2006年7月 6日 (木曜日)

アリスの想い出・その3

フランスは強かった。前半PKで取った1点を後半、守りきった。羨ましい。この1点を守りきる強さが日本代表にあれば、豪州戦は勝てただろうに。1点を守りきるゲームの進め方はこうやるんだ、ということをフランスにお手本を見せて貰った気がする。ポルトガルは経験が足らなかった。1点先制されて、後半、時間が経つにつれて、焦りが見え始め、ポルトガルのつなぐ攻めを忘れて、ロングパス1発の単調な攻めに陥ってしまった。う〜ん、サッカーって奥が深いのお。

何はともあれ、今日の夜、明日の夜とゆっくり眠れるのは良いことだ。今日なんて、もう限界。歩きながら、とろ〜んとしてくるし、仕事で机に座ってPCに向かっていると、強烈な睡魔が襲ってくる。眠い。とにかく眠い。この2日間、平均睡眠時間は4時間。眠い。とにかく眠い。今日はグッスリ寝るぞ。

Alice_vさて、この2日間、70年代のフォーク・ロック・グループ「アリス」の想い出をブログに書いてきたが、この「アリス」っていうバンドが、全くマイナーな存在になってしまっているらしく、「アリスの想い出」特集をアップしてから、1日のアクセス数が激減。テーマを変えようかな、とも思ったが、アクセス数目当てにブログを運営している訳ではないので「初志貫徹」。今日は「アリスの想い出・その3」。これが最終回。


「アリス」の歌に限らず、バンドでコピーする曲って、高校時代〜大学時代の、まだまだ短い人生経験の中で、追体験できて、感情を込めて歌える歌をチョイスする訳で、僕の場合、高校時代で言うと「片思い」か「失恋」の歌に集中するし、大学時代になると、浪人時代を経験したことで、「忍耐」「捲土重来」「辛いけど頑張って生きていくぞ」的な歌を、当時の辛い想い出を基に、万感の想いを込めて、歌い込んだりするのだ。

そこで、やっぱり「アリス」である。「アリス」の歌って、「失恋」(それも結構度合いの激しいケースが多くて、たまに自殺しちゃったりする・・・例・帰らざる日々)や、「辛いけど頑張って生きていくぞ」的な歌が結構多い。つまり、「実に女々しい」雰囲気の歌と「実に男々しい」雰囲気の歌と両極端なのだ(これが「アリス」の特徴だったりする)。いきおい、僕の場合、バンドでコピーするとき、「アリス」の曲が多くチョイスされるのも無理は無い。


遠くで汽笛を聞きながら  作詞:谷村新司 作曲:堀内孝雄

悩み続けた日々が まるで嘘のように
忘れられる時が来るまで 心を閉じたまま
暮らして行こう 遠くで汽笛を聞きながら
何もいいことが 無かったこの街で

俺を見捨てたひとを 恨んで生きるより
幼い心に秘めた むなしい涙の捨て場所を
探してみたい 遠くで汽笛を聞きながら
何もいいことが 無かったこの街で

せめて一夜の夢と 泣いて泣き明かして
自分の言葉に嘘はつくまい 人を裏切るまい
生きて行きたい 遠くで汽笛を聞きながら
何もいいことが 無かったこの街で


この「遠くで汽笛を聞きながら」なんかは、当時、良く歌った「十八番」の曲。実は、僕の浪人時代って、この歌にピッタリの、結構、精神的にハードで、心が実に淋しい時期だったので、この歌の雰囲気には当時から共感しっぱなしである。この歌、結構、中年のサラリーマンの方が情感込めて歌うケースに良く出くわすが、どう解釈したって、この歌の雰囲気はサラリーマンの世界では無い。多感な青春時代真っ只中の、どうしようもなく不器用な男の歌である。僕は、この歌を自らの追体験を基に、爽やかに情感を込めて歌い上げる奴って、絶対、信用できる奴だと思っている(今まで、あんまし、出くわしたことはないが)。

さあ、眠たくなってきた。今日は、しっかりと寝るぞ。W杯の試合は、わずか残り2試合である。なんだか、淋しい気分になってきた。

« アリスの想い出・その2 | トップページ | 最近のジャズ・トランペッター »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/2527183

この記事へのトラックバック一覧です: アリスの想い出・その3:

« アリスの想い出・その2 | トップページ | 最近のジャズ・トランペッター »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ