« ウエストコースト・ロックな一日・その2 | トップページ | 英語でしゃべらナイトに、ジェイミー・カラム »

2006年6月 5日 (月曜日)

帰宅時のウォーキングには、ドゥービーが合う

最近、コレステロールの値が高いので、とにかく痩せろ、と医者に言われている。まずは、朝食から炭水化物を追放した。それでも効果がないので、昼食から炭水化物を追放した。それでも効果はまだまだなので、平日も歩数を稼いで、今までより歩くことにした。万歩計の電池も入れ替えて、準備は万全である。

Minute_by_minute今日の千葉県北西部は、相変わらず肌寒い。しかも、今日も、仕事は暇ときてるので、早々に仕事をあがって、今日は、いつも降りる最寄りの駅より一つ手前の駅で降りて、一駅分、歩いて帰ることにした。主要時間は約40分。土日のウォーキングと違って、鞄をしょっているので、その分、歩き甲斐がある。6月にしては、かなり涼しい天気なんだけど、20分も歩いていると、じんわりと汗ばんでくる。

今日の帰宅ウォーキング中、聴いた音楽は、ドゥービー・ブラザース。一昨日より、ウエストコースト・ロックづいているんだが、歩く歩調にあった爽やかなロックはなんだ、と帰宅途中、電車の中で考えていたら、ピンと閃いた。「ドゥービー・ブラザースのミニット・バイ・ミニット」。かのウエストコースト・ロックの雄、ドゥービー・ブラザースが、マイケル・マクドナルドのおかげで、突如としてAORに走った、硬派のドゥービー・ファンからは、いたって評判の悪いアルバム。それでも、'80年、このアルバムでグラミー賞4部門を獲得したんだけどね。

このアルバム、リズム的にメリハリが効いてタイトなドゥービーが、AORな演奏を繰り広げるんだが、リズムのテンポが歩くテンポにピッタリの曲が多く収録されているのが嬉しい。とにかく、このアルバム、歩きやすいことこの上ない。ちょっと肌寒い夕暮れ時、テクテク歩きながら、マクドナルド・ドゥービーを聴く。これ、結構、爽やかで、テンポが良くて、心地良いですぞ。一度、お試しあれ。

これから、帰宅時、なんとか歩数を稼いで、痩せるぞ〜。気持ち良く歩けるように、ウォーキングにあったロックやフュージョンのアルバムを選定しておかないとな。うん。

« ウエストコースト・ロックな一日・その2 | トップページ | 英語でしゃべらナイトに、ジェイミー・カラム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅時のウォーキングには、ドゥービーが合う:

« ウエストコースト・ロックな一日・その2 | トップページ | 英語でしゃべらナイトに、ジェイミー・カラム »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー