最近のトラックバック

« うららかな天気にピッタリのフュージョン | トップページ | ウエストコースト・ロックな一日 »

2006年6月 2日 (金曜日)

散歩途中で「貝塚」発見し、ビリーに思いを馳せる

今日は、お仕事はお休み。とにかく、新しい仕事が決まらないので、もう今までの仕事の引継ぎも既に終わってしまって、もう本当に何もすることが無い。何もすることが無い、それでは会社に行っても仕方が無いだろう、ということで今日は有休。家でノンビリ過ごすことにした。まあ、それでもちゃんと給料は貰えるのだから、問題無い(笑)。

フッフッフッ、天気もまずまずだし、手始めに、お決まりのコースにて、ウォーキングへ。谷津干潟は、今日は満潮から干潮へ、潮が引き始めた状態。干潟の周りを歩いていると、どんどん潮が引いて、干潟の底が少しずつ現れてくるのが判る。地球の潮の満ち引きの不思議を実体験する。今日は、さすが平日だけあって、干潟の周回散歩道も空いていて、快適なウォーキング。気分も上々。

Kaizuka_13干潟から津田沼へ向かう途中、道の土手が白い破片みたいなもので、覆われている。なんだろうと思って見たら、その白いものは「貝」であった。ということは、これは貝塚か? そう、ここは貝塚。左の写真をクリックして、拡大してみていただくと良く判るが、土の上の白いものは、全て「貝」です。

久しぶりにちょっと「掘りたくなった」ので、ゴソゴソしていたら、貝の中に古い茶碗の破片も見つけた。古い茶碗の破片に書かれた文字から、平安時代〜鎌倉時代の貝塚だと当たりをつけた(これでも、私は博物館学芸員です)。帰って、調べてみたら、その一帯を「谷津貝塚」と呼んでいるらしく、やはり、平安時代の貝塚らしい。いや〜、ウォーキングの途中に、個人的な大発見ですわ。久しぶりに、博物館学芸員、考古学専門の血が騒いだ一瞬でした(笑)。

とまあ、音楽にまったく関係ない話で盛り上がったわけだが、今日は、このところ、通し聴きしているビリー・ジョエルの「コンツェルト 〜 Live in U.S.S.R. 〜」を聴いた。ビリーのライヴ・アルバムの第1のオススメはといえば、「ソングス・イン・ジ・アティック」なんだが、その次がコレ。ビリーの最近の曲がお気に入りの人には、このアルバムの方が良いかも。アルバムの位置付けから見ると、このライヴ盤は「ザ・ブリッジ」発表後のライヴになるため、若干、80年代の寄りの選曲という偏りはあるが、それぞれの演奏は良いモノばかり。80年代のビリー・ジョエルを再認識できる、なかなかのライブ盤です。

また、このライブ盤は、「〜 Live in U.S.S.R. 〜」と副題がついているように、87年当時の、ソビエト連邦(現ロシア共和国)でのライブなんですよね。ペレストロイカが推し進められ、一気に、西洋の音楽文化が、ソビエト連邦に流れ込んだ時代。このビリーのライブ・ツアーって、そんな時期のエポック・メイキングな出来事でした。それから、冷戦が終結し、ソビエト連邦は崩壊し、ベルリンの壁は打ち壊され、時代は急激に変わりました。そういう観点から見て、ビリーって歴史的なアーティストの一人だと思います。恐らく、ペレストロイカという激変の時代、ソビエト連邦でのライブ・ツアーは、いくばくかの身の危険を感じる場面もあったと思うんですよね。

とまあ、今日は、充実したウォーキング、貝塚の発見、ビリーのソビエト連邦でのライブを通じて、当時の歴史に思いを馳せてみたり、結構、充実した一日でした。

« うららかな天気にピッタリのフュージョン | トップページ | ウエストコースト・ロックな一日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/2040012

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩途中で「貝塚」発見し、ビリーに思いを馳せる:

« うららかな天気にピッタリのフュージョン | トップページ | ウエストコースト・ロックな一日 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ