最近のトラックバック

« 僕の一番好きなロック・バンド | トップページ | お気に入りの「音楽」を聴けば・・・ »

2006年6月15日 (木曜日)

JAZZ紙ジャケ十八番シリーズ

最近、ジャズCDに関する話題に乏しい。えっと驚くようなリイシューも無いし、思わず、うわ〜っと感嘆の声を上げてしまう待望のBOX盤の発売も無い。まあ、それだけ散財の機会が減るので、財布の中身は安泰なのだが、アルバム・コレクターの僕にとっては、何だか面白くない。

そんな中で、ビクターが今月から3ヶ月に渡って、「JAZZ紙ジャケ十八番シリーズ」と題して、「ビクターJAZZ名盤シリーズ、貴重な紙ジャケ・シリーズを新価格&生産限定」で発売するときた。そのふれこみたるや、「ビクターの誇るジャズの名盤の数々の紙ジャケット・シリーズ、ついに廉価盤で発売!」「JAZZをこよなく愛するマニアからJAZZを聴き始めた人まで幅広いユーザーにおすすめ!」「6,7,8月各100タイトル 合計300タイトル発売!」と、自信満々である。

The_wes_trioん、何、廉価盤だと。なんと、今回の限定盤再発、値段が1枚、1,800円也。なに〜、今までは、2,500円だったではないか〜。まあ、前といっても、紙ジャケ盤を研究するサイト「紙ジャケ探検隊」によると、最初の紙ジャケ盤は日本ビクターから、1994年に発売されたソニー・ロリンズのCDなのだそうだから、かれこれ、もう10年くらいも前になるから仕方ないか。まあ、安価に手にはいるようになることは良いことだ。


これで、ジャズ初心者の方々も、紙ジャケット仕様のCDに手を出しやすくなるでしょう。なんせ、今までは、ちょっと高かったからね(最近はメーカーさんの努力で、安くなってきてるけどね)。紙ジャケット仕様といえば、マニア御用達って感じがあったから、今度のビクターの「JAZZ紙ジャケ十八番シリーズ」、全300枚は快挙である。この300枚の中には、僕たち、マニアの購買意欲をくすぐるアルバムの多々存在するのが悩ましい。第1回発売の6月21日(水)、ウエス・モンゴメリーの「ザ・ウエス・モンゴメリー・トリオ+2」(上写真)は、絶対にゲットしなくてはならない。なんせ、ジャケット・デザインが素敵だし、オルガン付のウエスは是非聴きたい。

しかしながら、結局は「最近、ジャズCDに関する話題に乏しい」と嘆きながら、あれやこれや、レコード会社のキャンペーンやイベントに乗って、紙ジャケットを買い漁ってしまう。なんて、僕は節操がないのだろう(笑)。

« 僕の一番好きなロック・バンド | トップページ | お気に入りの「音楽」を聴けば・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/2231610

この記事へのトラックバック一覧です: JAZZ紙ジャケ十八番シリーズ:

» 《紙ジャケ》JAZZ紙ジャケ十八番シリーズ その2《Papersleeve》 [Cottonwoodhill 別別館]
2006/7/26予定 マイルス・デイビス/スティーミン(紙ジャケット仕様) マイルス・デイビス/ワーキン(紙ジャケット仕様) マイルス・デイビス/リラクシン(紙ジャケット仕様) マイルス・デイビス/クッキン(紙ジャケット仕様... [続きを読む]

« 僕の一番好きなロック・バンド | トップページ | お気に入りの「音楽」を聴けば・・・ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ