« ウエストコースト・ロックな一日 | トップページ | 帰宅時のウォーキングには、ドゥービーが合う »

2006年6月 4日 (日曜日)

ウエストコースト・ロックな一日・その2

昨日、「アサイラム・レコードとその時代」というガイドブックのご紹介をしたが、この本のおかげで、もう頭の中は、ウエストコースト・ロック一色である。昨日から、イーグルスのアルバムは聴き漁りはじめ、「ファースト」「呪われた夜」を、ハシゴした。

今日は、肌寒いのは相変わらずだが、天気はまあまあ、薄日のさす天気なので、今日は、海を見にウォーキングと洒落込む。ららぽーとから船橋漁港を経由して、船橋駅前から自宅までの約8キロのコース。約2時間、約12,000歩のウォーキングである。このコースは、途中、海を見ながら、港を見ながら、船を見ながらのコースで、ウエストコーストってほどではないが、天気が良ければ、海風に吹かれながら、海に浮かぶ船を眺めながらの、実に爽やかな海沿いのコースである。

Funabashi_fish_portこのコースを歩くと、なかなか爽やかで気分が良い。ちょっと印象は違うものの、潮風に吹かれた爽やかさという点では、ウエストコースト・ロックの舞台であるウエストコーストと同じ雰囲気ではないかと思っている(言い過ぎか?)。海から吹き込む潮風、柔らかな初夏の日差し。今日は、湿度も低く、爽やかな感じが心地よい。

途中、漁船が多く停泊し、なかなかの風景を提供してくれる、船橋漁港(上写真)を横切り、船橋へ。こんな爽やかな一日、そんな雰囲気の中で、イメージされるのは、やっぱり、ウエストコースト・ロック。今日、イメージとして浮かぶ曲は、まずは、J.D.サウザーの「ユア・オンリー・ロンリー」。あの印象的な感傷的なイントロ「ツン・タタ・ツ・タッ、ツン・タタ・ツ・タッ」から、あのちょっと鼻にかかったJ.D.サウザーのボーカル。ああ、ウエストコーストやな〜、って、個人的に凄く感じるアルバム。ついでに、青春真っ只中、大学時代を思い出すな〜。

爽やかな一日。海沿いを歩いて、ウエストコースト・ロックを懐かしく思い出す。しかも、昨日の例のガイドブックでしょ。しばらく、ウエストコースト・ロックが気になり続けるなあ〜。イタリアン・プログレも聴きこんでいる最中だし、グランド・ファンク・レイルロードも聴きこんでいる最中だし、向井滋春さんのアルバム紹介もまとめなあかんし、忙しいことこの上ない、最近の僕の音楽ライフである。

« ウエストコースト・ロックな一日 | トップページ | 帰宅時のウォーキングには、ドゥービーが合う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウエストコースト・ロックな一日・その2:

« ウエストコースト・ロックな一日 | トップページ | 帰宅時のウォーキングには、ドゥービーが合う »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー