最近のトラックバック

« 音楽喫茶『松和』の「ジャズへの招待状」更新 | トップページ | 今日は、ルーフ・バルコニーの大掃除 »

2006年5月 4日 (木曜日)

永遠の詩、Led Zeppelinの懐かしの映画

今日は、銚子まで日帰り旅行。このGWは、車は大渋滞が予想されるので、久しぶりに、在来線特急に乗っての電車の旅。大正解。往きも帰りも、車窓から見える高速道路は大渋滞。電車は、座れると、渋滞知らずの快適な旅。3日前に指定券を取って、万全の準備。いや〜、電車の旅もやっぱりええなあ。天気もピーカンで、一日、銚子界隈をブラブラしていたので、結構、日焼けしてしまいました。詳しくは、明日にまた、レポートします。

The_song_remains話は変わって、昨日、NHK-BS2で、なんと懐かしい、Red Zeppelinの「The Song Remains The Same(熱狂のライブ)」を放映していた。いや〜、懐かしい。じっくりと観ましたよ。もともと、この映像、映画でして、僕も、早速、観に行きましたよ。当時、動くZepなんて、観ることが出来なかったからね。でも、最近のこの映像の評価は、辛辣で、例えば「一応、ライブ映像だが、演奏部に入るまでに余計な映像あり、演奏中にライブ映像とは無関係の映像ありで、興覚め。演奏自体悪くは無いけど、それなら、サウンドトラックを聴いた方がマシ」なんて酷評されたり。


確かにそうなんだよな。余計な映像が入っていて、当時も観ながら、僕自身、イライラしたことも覚えてる。でもね〜。先にも書いたように、僕は、1970年代後半、この映画がロードショーにかかるまで、動くZepの映像なんて、観たことがなかったんだ。当時、ロック小僧で、大のZepファンだった僕としては、この映画がロードショーにかかること自体、大事件だったんだよね。まあ、今では、この映画より、何倍も素晴らしくて価値のある映像がDVDで簡単に手に入る、ほんとに良い時代になったと感じる。

でも、今回、NHK-BS2で、久しぶりに観たんだけど、これはこれで、やっぱり興奮するねえ。動くペイジ、動くプラント、動くボーナム、動くジョン・ジー。当時、大興奮した思い出とも相まって、いや〜、恥ずかしながら、ジックリ、興奮しながら、見入ってしまいました。

ノスタルジーに浸って、主観的に肯定的に鑑賞するってこと、あるよな〜。

« 音楽喫茶『松和』の「ジャズへの招待状」更新 | トップページ | 今日は、ルーフ・バルコニーの大掃除 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/1674111

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の詩、Led Zeppelinの懐かしの映画:

« 音楽喫茶『松和』の「ジャズへの招待状」更新 | トップページ | 今日は、ルーフ・バルコニーの大掃除 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ