« あぁ懐かしの サイモン&ガーファンクル | トップページ | ジャズ入門書が推薦するCDも善し悪し という話 »

2006年5月13日 (土曜日)

雨降りは部屋でノンビリ「アール・クルー」

今日は朝から雨。天気予報では、昼から雨ってなっていたようなのだが、朝からパラパラし出して、昼前には、まとまって降り出した。まあ、近頃、天気予報が当たらないのは諦めているから良いのだが、午前中は傘がいらない、と思っていた人にとっては、不運としか言いようがない。ほんと、最近の天気予報は、アテにならん。

今日は一日雨ということで、のんびりと家で過ごすことにした。実際、今まで、ネットサーフィンしたり、様々な方々のブログを覗いたり、音楽関係で、資料として活用の出来るサイトを探したり、テレビを見たり、夫婦で、それぞれの楽しみ方で、ノンビリ過ごしている (夕方4時からは、整体に行かなあかんけど)。

Magic_in_your_eyes家でノンビリして、やりたいことをやりながら、バックで流れる音楽は、だいだい、フュージョン。聴き込まなければならないアルバムは、絶対、BGMには向かない。ロック系は、ちょっとやりたいことをやりながらのバックには、うるさい。Jポップス系は、日本語の歌詞を聴いてしまうので、気が散る。フュージョンも、サックス系など、音の太い感じでは無く、ギターなどの、ソフト&メロウ系が良い。


ということで、今、このブログの原稿を書いているバックで鳴っているBGMは、アール・クルーの「瞳のマジック」。原題Magic In Your Eyes。確かなビートを刻むリズム・セクションをバックに、ちょっとクラシックぽい、ちょっとスパニッシュな、時にトロピカルな、アール・クルーのギターが、颯爽と情緒豊かに流れていく。彼のギターは、生ギター中心。僕にとっては、生ギターの柔らかな音色が、文章を書いたり、調べ物をしたりのBGMに丁度良い。

テクニック優先の、音楽へのリスペクトを忘れた人工的な音楽だ、とフュージョンを過小評価する向きもあるが、聴くスチュエーション、聴く人、それぞれで、心地が良く、何らかの感動を覚えるものであれば、それはそれで、良いのではないか? 音楽をジャンルに分類して、ジャンル毎に優劣をつけるやり方って、それこそ、音楽への冒涜。加えて、楽器を演奏できない人が、あんまり、演奏する人のテクニックについて、とやかく言うのも良くないですよね。楽器の演奏って、簡単そうに見えて、結構、大変なのですよ。どんな人にでも出来ることでは無いんですよね。演奏できない人は、出来る人に対して、まずはリスペクトの念を持つこと。

ノンビリしながら、ブログを覗いて、ちょっと気になったこと、語ってみました。

« あぁ懐かしの サイモン&ガーファンクル | トップページ | ジャズ入門書が推薦するCDも善し悪し という話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨降りは部屋でノンビリ「アール・クルー」:

« あぁ懐かしの サイモン&ガーファンクル | トップページ | ジャズ入門書が推薦するCDも善し悪し という話 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー