« GW最終日、CDコレクションの最後の成果 | トップページ | We're An American Band、見直したぜ »

2006年5月 8日 (月曜日)

意外なところに、ファンク・ジャズを継ぐ者あり

今日は朝、昨日の雨降りの名残か、すっきりしない曇り空。天気予報では、ゆっくり回復って言ってたような気がするんだが、夕方は霧雨。東風が肌寒く、なんだか梅雨に入ったかのような天気。GW終わって、再び、今日から会社通い。故あって、仕事は暇状態。業務時間中、時間をつぶすのが大変。でも、工夫をすれば、それなりに時間は経つもので、最近、時間をつぶす技にも慣れてきた(笑)。

Dptheory今日は、iTumes Music Store で見つけたテクノ・ジャズ系の、Deep Pocket Theory というバンドの、これがまた長いタイトルなんだが、PunkFunkDeepPocketAcidJazzedBoogaloo を聴いて会社へ。このバンドのことは、僕はさっぱり知らないのだが、ファンク・ジャズの名曲、ハービー・ハンコックの「Chameleon」や、マイルス・デイビスの「Tutu」を演奏したりしているのだ。


これが、恐らくは最新のテクノロジーを駆使したシンセサイザーとオルガンを核とした演奏で、リズムセクションであるベースやドラムも打ち込みでは無く、恐らくは人間が演っているものと思われる。

とにかく、ハービー・ハンコックの「Chameleon」や、マイルス・デイビスの「Tutu」が小粋で、テクノっぽくなくて、最近のファンク・ジャズっぽくて「格好いい」。他の曲も、最近のテクノ・ジャズではあるが、オルガンの響きが往年のファンキー・ジャズを彷彿とさせて、新旧とりまぜた雰囲気が新鮮だ。このアルバム、日本では手に入らないみたいだけれど、iTMSではダウンロード出来る。ご興味のある方は、ご一聴を。いやはや、意外なところに、ハービーやマイルスの後を継ぐ、ファンク・ジャズの担い手がいるものだ。

こんな出会いがあるので、ダウンロード・サイト探索は止められません。

« GW最終日、CDコレクションの最後の成果 | トップページ | We're An American Band、見直したぜ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外なところに、ファンク・ジャズを継ぐ者あり:

« GW最終日、CDコレクションの最後の成果 | トップページ | We're An American Band、見直したぜ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー