« バーチャル音楽喫茶「松和」 一気に更新しました | トップページ | イタリアン・プログレの森に、再び足を踏み入れ・・・ »

2006年5月21日 (日曜日)

「この曲なんやったっけ」がやっと解決〜(笑)

ビリー・ジョエルの最近の話題と言えば、ミュージカルの「ムーヴィン・アウト」。最近、テレビでも、この「ムーヴィン・アウト」の来日公演の宣伝をよく見るんだけど、この宣伝で流れる、弾むようなミディアム・テンポで、明るい雰囲気のロックンロール調のビリー・ジョエルの曲、以前、聴いたことがあるんだけど、曲名が浮かばない。この2週間位、悶々としていたのであるが・・・。

さて、今日は、朝から快晴〜。久々の朝からピーカンである。しかし、なんだか昨日の夜から、体調がすぐれない。朝、起きようと思ったら、なんだか、胸〜みぞおちの辺りが痛い。久しぶりの肋間神経痛である。鈍く差し込むような痛みに閉口しながら、朝9時までは起きあがることが出来なかった。最近は、仕事も暇で、無理なんかしてへんのになあ。

An_innocent_manそれでも、外は初夏の陽気だし、ゴロゴロ寝ているのも勿体ないので、思い切って起きることにした。いや〜、外は完璧に初夏の陽気。これは今日は暑くなるぞ。今年初めて、半袖を着て、車で買い物へ。そう言えば、今日は21日。20日は、定期購読している、音楽系の月刊誌の発売日が固まっていて、今日は、定期購読雑誌の大量買い出し。特集が面白そうなので、今回だけの月刊誌も含めて、全5冊のまとめ買い。


さて、冒頭に書いた、ミュージカル「ムーヴィン・アウト」の宣伝で流れる、弾むようなミディアム・テンポで、明るい雰囲気のロックンロール調のビリー・ジョエルの曲の曲名は・・・。

最近、一昨年、大人買いしたビリー・ジョエルの紙ジャケを2週間前より、デビューアルバムから順番に聴きこんでいっているのだが、今日は、80年代でナンバーワンの名盤「イノセント・マン」。このアルバムは、ブルース、バラード、ゴスペル、ドゥ・ワップなど、50年代の古き良き時代のロックンロールの雰囲気を満載した、秀逸なエンターテインメント・アルバム。そして、聴き始めて「6曲目」。おお〜、これじゃ。やっと、思い出しました。ミュージカル「ムーヴィン・アウト」の宣伝で流れる、弾むようなミディアム・テンポで、明るい雰囲気のロックンロール調のビリー・ジョエルの曲。曲名は「アップタウン・ガール」でした。そうやった、そうやった。「アップタウン・ガール」やったわ。いや〜、スッキリした。

いつかどこかで、聴いたことがある曲。曲名が思い出せない時ほど、もどかしいものはない。

« バーチャル音楽喫茶「松和」 一気に更新しました | トップページ | イタリアン・プログレの森に、再び足を踏み入れ・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「この曲なんやったっけ」がやっと解決〜(笑):

« バーチャル音楽喫茶「松和」 一気に更新しました | トップページ | イタリアン・プログレの森に、再び足を踏み入れ・・・ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー