最近のトラックバック

« 「この曲なんやったっけ」がやっと解決〜(笑) | トップページ | 「ダ・ヴィンチ・コード」 いよいよ佳境に・・・ »

2006年5月22日 (月曜日)

イタリアン・プログレの森に、再び足を踏み入れ・・・

イタリアン・プログレッシブ・ロックに再チャレンジしている。手始めに、PFM(プレミアタ・フォルネリア・マルコーニ)から、再チャレンジしている。「Photos of Ghosts(幻の映像)」から、「World Became the World(甦る世界)」と、聴き込むにつれ、イタリアン・プログレって、面白いなあ、と改めて思うようになった。

さて、今日は、天気予報では「晴れ」のはずが、ここ東京では、どんより曇り空。おお〜い、気象庁よ、気象予報士よ。なんで、最近、天気予報が当たらないの? 昔(僕たちの子供の頃)に比べて、天気予報の当たる確率は低くなっていると思うんですけど、いかがでしょう? 当たらなくても良いんですけど、予報が外れた時に、なぜ外れたかを説明してもらえると、ちょっと納得するものがあるんだと思うんですけどねえ。

Photos_of_ghostsイタリアン・プログレっていうのは、本場英国の構成力・展開力溢れるプログレッシブ・ロックとは、全くテイストが違っていて、それはもう別世界。まず、歌う言語が、当然、イタリア語なので、英語とは全く違った響きなのが、まず、とまどい始め。なんだか、オペラを聴いている感じになって、高校時代など、若い頃は、違和感が凄くあって、なかなか、馴染めなかったことを覚えている。


しかも、イタリアン・プログレっていうのは、ヨーロッパ大陸特有というのか、クラシックの雰囲気をダイレクトに引きずり、加えて、大道芸としての音世界を反映させて、英国やドイツのプログレとは、全く違った、どちらかといえば、ヨーロッパの音の歴史を反映した独特の音世界を形成している。若い頃は、その繊細な音世界が物足りないなんて思ったものだが、歳をとるにつれ、その繊細な音世界が、なんとなく、理解できるようになった。まずは、PFM、続いて、バンコ、イ・プーなど、イタリアン・プログレの森に、ズブズブと、はまり込んでいく自分を感じている。

様々な音楽を、美味しく鑑賞するには、うまく歳をとることも必要らしい。

« 「この曲なんやったっけ」がやっと解決〜(笑) | トップページ | 「ダ・ヴィンチ・コード」 いよいよ佳境に・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/1897028

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアン・プログレの森に、再び足を踏み入れ・・・:

« 「この曲なんやったっけ」がやっと解決〜(笑) | トップページ | 「ダ・ヴィンチ・コード」 いよいよ佳境に・・・ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ