最近のトラックバック

« 突然に、荒井由実を一気聴き! | トップページ | 平凡な土曜日、ストーンズのライブアルバムをゲット »

2006年5月26日 (金曜日)

Bruce Springsteenの新作は、渋い〜格好良い〜!

今日は、実に暇な一日。会社の仕事も端境期ゆえ、これといって事件も無く、これといってトピックも無く、何事もなく、静かに過ぎていく時間。今日は、穏やかな気持ちで、机の中の整理。すっかりキレイになって、新しい仕事が来るのを待つだけとなった。う〜ん、清々しい気分。

さて、昨日、amazon から、ブルース・スプリングスティーンの新譜が届いた。新アルバムの題名は「We Shall Overcome」。スプリングスティーンがピート・シーガーの歌を取り上げた、実に実に実に、渋〜いアルバムなのだ。待ちに待ったアルバムが手もとに届く「喜び」。何にも代え難い、至福の瞬間。

We_shall_overcomeどんなアルバムかって。詳しくは、近いうちに、バーチャル音楽喫茶『松和』の「懐かしの70年代館」にアップしますが、アメリカン・ルーツ・ロックというか、アメリカン・ルーツ・ミュージックのほうがピッタリ来るイメージですね。カントリー&ウエスタン、デキシーランド・ジャズ、トラッド・フォークなど、アメリカン・ミュージックのルーツをテーマにした、実に渋いアルバムです。


フィドルの音やバンジョーの音にアレルギーのある方にはお勧めしませんが、僕は、カントリー&ウエスタンの音が高校時代から好きです。高校時代〜大学時代、高石ともやとナターシャ・セブンの音楽がお気に入りで、今でも「107ソングブック」は、楽譜付きで持ってます。もちろん、主要な曲は、全て、弾き語りできるくらいです。

ちょっと話がそれました。とにかく、アメリカン・ルーツ・ミュージックの雰囲気が満載というか、そのもので、スプリングスティーンの渋いボーカルが、これまた、このルーツ・ミュージックの演奏にピッタリ合う。この「「We Shall Overcome」、かなりのヘビー・ローテーションになる予感。ええぞ、スプリングスティーン。

最近、思っていたこと。どうも自分は、ルーツ系&ワールド系ミュージックに弱いのではなかろうか、ということを再認識した一日でした。

« 突然に、荒井由実を一気聴き! | トップページ | 平凡な土曜日、ストーンズのライブアルバムをゲット »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/1949289

この記事へのトラックバック一覧です: Bruce Springsteenの新作は、渋い〜格好良い〜! :

« 突然に、荒井由実を一気聴き! | トップページ | 平凡な土曜日、ストーンズのライブアルバムをゲット »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ