« ディープ・パープル、一気に聴き直し | トップページ | キース・ジャレットの「ケルン」を聴く »

2006年4月22日 (土曜日)

チックのアルバムを買い逃し、ギターを改造

今日は朝から良い天気。ちょっと西風が寒いので、春爛漫とは言えないが、まあまあの散歩日和なので、夫婦連れだって、谷津干潟へウォーキング。今日の谷津干潟は、バードウォッチングの人たちが結構来ていて、写真を撮ったり、双眼鏡で見たり。でも、もう渡り鳥は帰ってしまったみたいで、鳥はほとんどいない。なんだか、バードウォッチングというよりは、人間の数の方が多いみたい。ちょっと苦笑いしつつ、津田沼へお買い物。

今日は、20日発売の雑誌を購入する必要があり、本屋へ立ち寄り。スイング・ジャーナルとストレンジ・デイズを購入。スイング・ジャーナルは、キース・ジャレットのソロ・ピアノの傑作「ケルン・コンサート」の特集。僕が学生だった頃は、キース・ジャレットのソロ・ピアノは、ジャズではない、なんて事が、声高に語られたもんだが(僕は好きです)、時代も変わったねえ。25年前、ジャズじゃない、って言われたアルバムが、堂々、スイング・ジャーナルの表紙を飾るんだからなあ。

スイング・ジャーナルを、ちょっと立ち読みして、チック・コリアのピアノ・トリオ・ライブが、新譜で出たのを知り、即、山野楽器でゲットしようとしたら、「今月は、どれだけ、CDを買ったと思ってんの」と、カミさんに叱られて止めた。グスン。今度、どさくさに紛れて、手に入れたるねん。

夕方、整体に行って、体が軽くなったところで、28年愛用しているフォーク・ギターをちょっと改造。このところ、ギターの練習を再開しているんだけど、なんだかコードが押さえにくい。ネックが反ってきたのかなあ。サドルの高さもちょっと高いかなあ、って感じるようになったので、思い切って、ちょっと改造することにした。

ネックは、どうも順反りしているようなので、トラスロッドを締める。どこまで締めたら良い案配なのか、いろいろ試して、1時間。やっと、思い通りの感触になった。サドルについては、プラスティック用のヤスリを買ってきて、気長に削る。1ミリ程度削って、再度、取り付ける。想定外で、ナットが外れるので接着。弦を張り直して、ストローク引き。ちょっとビビりが出るので、トラスロッドを再調整。ここまで、合計3時間。さあ、チューニングを仕直して、再度、ストローク引き。おおっ、弾きやすくなったぞ。おおっ、コードが押さえやすくなったぞ。いや〜、思い切って改造に踏み切って大正解。実に気分が良い。

さあ、明日から、昔、バンドで演奏した曲を、片っ端から練習だぁ〜。

« ディープ・パープル、一気に聴き直し | トップページ | キース・ジャレットの「ケルン」を聴く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チックのアルバムを買い逃し、ギターを改造:

« ディープ・パープル、一気に聴き直し | トップページ | キース・ジャレットの「ケルン」を聴く »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー