« チックのアルバムを買い逃し、ギターを改造 | トップページ | ティル・ブレナーの最新作は良いですよ »

2006年4月23日 (日曜日)

キース・ジャレットの「ケルン」を聴く

いや〜、いらっしゃい。バーチャル音楽喫茶「松和」へようこそ(笑)。

朝から、どんより曇り空。朝のうち、少し日差しもあったが、昼前からは、蕭々と雨が降り出した。4月も23日というのに、雨が降り出してからというもの、またまた、少し肌寒い気候に・・・。鬱陶しいなあ。ほんまに4月も下旬か?

今日は、午前中に買い物に出かけ、車を出したので、重いもの中心に買い物。午後からは、昨日からの偏頭痛が悪化したので、バッファリンを飲んで、様子を見ながら、ハードディスクに溜まった録画モノを片っ端から見る。2時間ほど経つと、さすがバッファリン、偏頭痛が和らいだので、昨日できなかったホームページの更新へ。

今日は、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャス・フュージョン館」の「マスターのひとりごと」のコーナーと、「懐かしの70年代館」の「まだまだロックキッズ」のコーナーを更新。どちらも、それぞれのジャンルに関する音楽の話題提供のコーナーで、今回は、どちらも書籍に関する情報を一つずつ。どちらのコーナーもリニューアルして2ヶ月になるが、毎週1回の更新ペースに落ち着いてきて、なんとか軌道に乗った感じがある。

ホームページの更新をしながら、今日は、キース・ジャレットの「ケルン・コンサート」をジックリと聴いた。スイング・ジャーナルの4月号にも特集が組まれているが、このキース・ジャレットの「ケルン」は、ジャズのジャンルで、ソロ・ピアノのジャンルを定着させた名盤中の名盤である。

ただし、この「ケルン」の第一印象は、ジャズ・ピアニストのキースが弾いているにも関わらず、その雰囲気はクラシック的な香りを感じる、おおよそ、ビートの効いたジャズとは、ほど遠い演奏だったので、当時は「これはジャズにあらず」と、一部で叩かれまくったアルバムである。今の耳で聴くと、十分にジャズの要素が感じ取られ、この「ケルン」は、ジャズ・ピアノの歴史的なスタイルを集約して、即興というスチュエーションの下で演奏されたもので、これは十分にジャズの範疇内にある演奏である。

この「ケルン」、全ての演奏が素晴らしいのだが、その中でも、ラストのアンコール演奏「ケルン,1975年1月24日・パート2c」は絶品。僕は、この演奏を聴く度に、音楽の美しさと儚さを感じる。その美しさと儚さ故に、しみじみと感じ入って、胸がジーンとしてくる。音楽の美しさをダイレクトに体験できる、優れた演奏の一つである。

春に聴くキースの「ケルン」は、聴く人をセンチメンタルにさせる。

« チックのアルバムを買い逃し、ギターを改造 | トップページ | ティル・ブレナーの最新作は良いですよ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キース・ジャレットの「ケルン」を聴く:

« チックのアルバムを買い逃し、ギターを改造 | トップページ | ティル・ブレナーの最新作は良いですよ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー