« 嫌なことがあったら、ジャズでリセット | トップページ | 6人目のイーグルス・・・ »

2006年4月27日 (木曜日)

パワー全開、グランド・ファンク・レイルロード

朝から雨で鬱陶しかったが、今日は、青森へ日帰り出張。青森へは、飛行機で往復。まあ、これだけ、出張で飛行機に乗っていると、窓際の席で景色を楽しむよりは、トイレに行ったり、着いたとき、早く、荷物を下ろせるように、つまりは、出入りが自由な通路側で、しかも、クラスJの席が満席で取れない時は、非常口のある席に限る。小さな飛行機は駄目だけど、中型機以上は、そこには、CAさんが座る席があるので、足下が広い。エコノミー席なのに、とにかく、座りやすい。しかも、運が良ければ、CAさんとお話も出来るし、目の保養にもなる(オイオイ、コラコラ・・・笑)。

青森は、やはり、東京に比べて寒い。最高気温が、12〜3度かな。まあ、冬の背広を着ていったので、震えることは無く、「やっぱり、ちょっと寒いね〜」って感じだった。今日、訪問した会社の方の話によると、あと2〜3日で、弘前の桜が咲くとか。春の足取りは、はや、みちのくまで伸びてきているのだ。GW明けは、北海道上陸だな。

Caught

今日は、出張と言うことで、朝から、気合いをいれる意味で、グランド・ファンク・レイルロード(以下GFRと略す)の「グランド・ファンク・ツアー'75」を聴きながら、空港へ。いや〜、いいねえ。GFRって。もう、これって、我こそはアメリカン・バンドって感じ。単純なリフ、単純な歌詞、単純なリズム、でこれらを、パワー全開でぶっ飛ばしまくるのだ。単純だからと、バカに出来ないそのパワー。

う〜ん、痛快。単純・単細胞なのに、LPにして2枚組のボリュームを一気に聴かせてしまうパワーって、すごいぞ、GFR。ちなみに、GFRって、カバー曲が良いよね(オリジナルも良いけどね)。ストーンズの「ギミー・シェルター」、アニマルズの「インサイド・ルックイング・アウト」、加えて、リトル・エヴァの「ロコ・モーション」。すべてGFRの代表曲だ。それと、なんとも懐かしい、今でもノリノリの「アメリカン・バンド」。マーク・ファーナーの艶のある高音ボーカル、ドン・ブリューアーのドスの利いたボーカル、メル・サッチャーのブンブンなベース。単純明快、パワー全開。これぞ、アメリカン・バンド!

でも、今日のフライト、天気が悪かったけど、あんまり揺れなくて良かった〜。

« 嫌なことがあったら、ジャズでリセット | トップページ | 6人目のイーグルス・・・ »

コメント

はじめまして。
私は、青春といわれる時代が90年代のものです。

お仕事大変ですね。お疲れ様です。

行きつけの美容院の方が、JAZZ好きで、色々教えてもらっていて、興味を持ち、「松和」さんのHPに辿り着きました。

最近、大阪の新世界にヨーロッパ?のJAZZを扱うお店があると聞き、行って見たいのですが、何せ全く何も分からない若造なのでお店で特に誰に注目したらいいのか分かりません。

「松和」さんなら、何か良いご意見を伺えるかと思いメールしてみました。もし、お時間あれば教えて下さい(*^_^*)

ダイナマイト四国さん、コメントありがとうございます。大阪の新世界のジャズを扱うお店と言えば、恐らく「澤野工房」さんでしょうね。「澤野工房」さんの扱うジャズCDは、どれも優秀なものばかりで、私もファンの一人です。せっかく、お店に足を運ばれるのでしたら、思い切って、直接、お店の方に、自分の好みを告げて、お店の方のアドバイスを参考に、CDを購入されてはいかがでしょう(僕もよくお店の方に訊いてます)。きっと、良いアドバイスをしていただけると思いますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パワー全開、グランド・ファンク・レイルロード:

« 嫌なことがあったら、ジャズでリセット | トップページ | 6人目のイーグルス・・・ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー