« ティル・ブレナーの最新作は良いですよ | トップページ | 嫌なことがあったら、ジャズでリセット »

2006年4月25日 (火曜日)

朝から体調が悪く、鈴蘭咲いて、ウィントン・ケリー?

朝から体調が悪く、今日は仕事は休み。なんだか、朝から眩暈がして、起きあがって歩くとクラクラする。まあ、昔から、春もしくは秋に良くあるので、もう諦めているが、寝ていると我慢できるので、しばらくはゴロゴロ寝ていた。今日は天気もコロコロ変わる天気で、朝は雨、途中、日がさしたと思ったら、昼頃、ちょっと強い雨と雷。午後2時過ぎからは、晴れ間が広がって、ちょっと肌寒いが、清々しい日和になった。体調もその頃には、まあまあ復調してきた。明日は、たぶん、仕事に行けるだろう。

Suzuran_1_10夕方、バルコニーを見ると、鈴蘭が咲き始めている。昔、10年くらい前に、新聞代の集金のおばちゃんに一株だけ貰って、それが、ドンドン増殖、今では、大きめのプランター5個を埋め尽くすまでに。小さくて、白くて、愛らしい花で、僕は大好きだ。この花が咲くと、春たけなわ。今年は例年より2週間ほど遅い。

体調が持ち直し、気分も良くなったので、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」の更新の準備を始めた。今回の更新は、久しぶりの「ジャズ・ピアノ」のコーナー。僕は、ピアノが弾けるので、いきおい、ジャズでも得意なジャンルは「ジャズ・ピアノ」。ロックでは「キーボード」となるんだが、今回は、僕のFavorite Pianistの一人、ウイントン・ケリーについて、語りたいと思っている。

このウイントン・ケリーって、個性の強いピアニストの一人で、喫茶店やバーで、BGMとしてかかっていても、すぐ彼と判る特徴を持ったピアニストだ。ちょっと粘って弾むような、明るい音。ケリーのピアノを聴くと、毎回、ああジャズってええなあ、って、心から感じることが出来る。ドライブの効いた優雅なラインを弾きこなし、それでいて、音と音の間の取り方が絶妙。彼のアルバムから、僕のお気に入りを4枚ほど、ご紹介しようと思っています。乞う、ご期待。

しかし、いつもと違う体調の悪さって、嫌だよね。今日は、早く寝よ。

« ティル・ブレナーの最新作は良いですよ | トップページ | 嫌なことがあったら、ジャズでリセット »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝から体調が悪く、鈴蘭咲いて、ウィントン・ケリー?:

« ティル・ブレナーの最新作は良いですよ | トップページ | 嫌なことがあったら、ジャズでリセット »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー