« 「ジャズの小径」を更新しました | トップページ | ふと、スティービー・ワンダー »

2006年4月18日 (火曜日)

良き友、良き酒

今日は、酔っぱらっている。先ほど、家に帰り着いたところ。かなり、気持ちよく酔っている。あれだけ飲んで、こんなに気持ちよく酔えて、家に帰り着く頃には、ほどよく醒めているって、良き友と気持ちの良い酒を飲んだ証拠。とある会社の友人のM取締役と飲んだんだが、コレが楽しい。

最初の頃は、仕事に関する固い話をしていたのだが、これでも、考え方、感じ方のベースは、ほぼ同じなので、固い話をしていても楽しい。しかも、仕事の話を離れて、趣味の話に走ったら、これはこれで、とても楽しい。良き友、持つべし。良き友と飲むべしである。

趣味の話といえば、まずはオーディオ。そして、70年代のロックの話になだれ込む。これが「濃い」。米国南部、サザンロックの話に走り、レーナード・スキーナードなんていうマニアックなバンド名が飛び交い、次に、ジェフ・ベックの「ブロウ・バイ・ブロウ」は、アナログLPがベストなんて、マニアックな話で頷き合う。なんだ、この「濃さ」は・・・・(笑)。

一次会では物足りなくなり、四谷のジャス喫茶「いーぐる」になだれ込んだ。僕は、この「いーぐる」を訪れるのは、約20年ぶり。う〜ん、懐かしいぞ。ここでも、ジャズ喫茶でありながら、70年代のロック、Jポップの話で盛り上がった。時の経つのも忘れて、実に楽しい一時だった。ありがとうM取締役。

いつも思う。良き友は、酒を何倍にも旨くさせて、悪酔いすることは無い。

« 「ジャズの小径」を更新しました | トップページ | ふと、スティービー・ワンダー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良き友、良き酒:

« 「ジャズの小径」を更新しました | トップページ | ふと、スティービー・ワンダー »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー