« キース・ジャレットの「ケルン」を聴く | トップページ | 朝から体調が悪く、鈴蘭咲いて、ウィントン・ケリー? »

2006年4月24日 (月曜日)

ティル・ブレナーの最新作は良いですよ

酔っぱらっている。今日は、久しぶりに、まずい酒を飲んだ。非常に気分が悪い。あんな奴らに自分の社会人人生を左右されるのかと思うと反吐が出る。人を安く見るのも休み休み言え! と怒りをぶちまけて、今日のトピックを・・・(笑)。

さて、今日は、ティル・ブレナーの最新作「オセアーナ」を聴いた。ジョニ・ミッチェルのパートナーとして知られる名匠ラリー・クラインをプロデュースに迎えた、2年ぶりとなるアルバム。マデリン・ペルー、カーラ・ブルーニをゲストに迎えた極上のバラード・アルバム。

これが、とても良い。パット・メセニー&チャーリー・ヘイデンの「ミズーリの空高く」のトランペット版みたいな、とても叙情的で、とても耽美的なアルバム。バラード・アルバムだけあって、スローな曲ばかりなんだけど、それ故に、ティル・ブレナーのトランペットのテクニックの素晴らしさが溢れ出て、テンションが高い演奏ばかりで、バラード一色のアルバムなのに、最後まで聴き通してしまう。久々に、ゆったりと落ち着いて、じっくり耳を傾けるアルバムが来た〜、って感じ。大々的にお勧めです。

嫌なことがあった時こそ、優れたバラード・アルバムが心を癒すんだよな。

« キース・ジャレットの「ケルン」を聴く | トップページ | 朝から体調が悪く、鈴蘭咲いて、ウィントン・ケリー? »

コメント

はじめまして。
ティル・ブレナー、私も最近はまっています。このCDは持っていないのですが、買いたいな~と思っています。

ジャズの記事、興味深く拝見しました。また遊びにきます。

TBもさせていただきますね。

shiro_takaさん。コメントありがとうございます。
ティル・ブレナーのペットって、しっかりと吹ききっていて、それでいて、なぜか優しい「丸さ」がある。これが魅力だと僕は思っています。彼のボーカルもなかなか味がありますしね。変な例えですが、しっかりとした品行方正な「チェット・ベイカー」だと思って聴いています(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ティル・ブレナーの最新作は良いですよ:

» 天は三物を与え給う [よろず茶屋 ]
ブルーアイの端正なお顔立ち。つい、見つめてしまうわ。甘い声もいいのよv ここのところ、彼の音楽をついつい聴いてしまいます。 ティル・ブレナー-------1971年ドイツ生まれのトランペッター。 数年前まで、ベルリン・ドイツ交響楽団に在....... [続きを読む]

» 【裏】作曲の王道 ジャズ・レビュー チェット・ベイカー [(裏)作曲の王道 ジャズ & ポップス・レビュー]
New! ●第19回-ジャズ チェット・ベイカー/チェット・ベイカー・シングス ~歯のないトランペッター~ [続きを読む]

« キース・ジャレットの「ケルン」を聴く | トップページ | 朝から体調が悪く、鈴蘭咲いて、ウィントン・ケリー? »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー