最近のトラックバック

« スピッツは良いねえ | トップページ | 「ジャズの小径」を更新しました »

2006年4月16日 (日曜日)

ローリング・ストーンズ・その3

やあ〜、バーチャル音楽喫茶『松和』のマスターです。

今日は雨雨雨。鬱陶しいなあ。昨日、大阪では、雨雨雨で、久しぶりに「晴れ男」が敗北を喫して、お嬢から「ちゃんと仕事してもらわな、困るなあ」なんて激励されて、へこんでるのに、今日の天気はなんなんだ。しかも「寒い」。今年の春はなんだか、気候がおかしい。寒くて、しとしと降る雨なんて、最悪の日曜日やなあ。

とは言いつつも、そんな憂鬱な日にも、嬉しいことはあるもんで、今日、アマゾンから、ローリング・ストーンズのアルバムが2枚、届いた。その2枚っていうのは「スルー・ザ・パスト・ダークリー(ビッグ・ヒッツVol.2)」の紙ジャケ仕様と、「Love You Live」(これはプラケース)の2枚。ふっふっふっ、「スルー・ザ・パスト・ダークリー(ビッグ・ヒッツVol.2)」は、あの8角形の変形ジャケットが、紙ジャケで再現されており、コレクターズ・アイテムとなりえるもの。「Love You Live」は、大学時代さんざん聴き倒したアルバムで、(大学時代聴き倒し過ぎて、今回まで、CDとして手に入れる気にならなかったのだけど・・・)、今回、やっとCDとして手に入れた。加えて「サタニック・マジェスティーズ」の紙ジャケット仕様も、近くのショップで手に入れたんで、今日は、CDコレクションの面では、ホクホクである(笑)。

ロン・ウッド加入後初のライヴ盤、「Love You Live」を聴き直して、やっぱり感激。ベスト的な選曲も魅力で、そうそう、このユルユルのハードな感じが、凄くええねん。出だしの「Honky Tonk Women」なんて、ギターのリフ、フレーズ、どれをとっても、ストーンズそのもの。このアルバム、下手だ、とか、ユルユルで締まりが無い、とか、とかく、批判されがちなアルバムだけど、僕は好きだな。このアルバムがリリースされた1977年という時代のロックのトレンドを、ストーンズとして消化して、ストーンズの個性として、ライブで表現していて「格好ええ」。品行方正で、理論整然としていて、破綻の無い、聴きやすい、ハード・ロックのライブって、僕としては面白くないので、この「Love You Live」は、僕としては、名盤ですね。しかも、ジャケットが素晴らしい。ストーンズって感じが全面に出ていて、素晴らしいジャケット。LPサイズだと、ど迫力ですぜ。

しかし、そろそろ、春らしい暖かい日が、春らしい日差しが欲しいなあ・・・。


« スピッツは良いねえ | トップページ | 「ジャズの小径」を更新しました »

コメント

「Love You Live」はいいですよね。
あのころのストーンズが一番好きです。

じゅnさん、コメントありがとう。そうですね。僕も、70年代のローリング・ストーンズが一番好きです。近々、バーチャル音楽喫茶『松和』の「懐かしの70年代館」に、アップするべく準備中です。乞う、ご期待。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/1431126

この記事へのトラックバック一覧です: ローリング・ストーンズ・その3:

« スピッツは良いねえ | トップページ | 「ジャズの小径」を更新しました »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ