« 春はフュージョン | トップページ | 吉田拓郎の紙ジャケをゲット »

2006年4月 5日 (水曜日)

バイオリン・ジャズって何?

今日は、朝から雨模様。まあ、駅までの道のりと、駅からの帰りは、ほとんど雨に降られなかったのでラッキー。子供の頃から、傘が嫌いで、今でも、出来れば、傘はさしたくない、という信念の持ち主なので、今日はラッキー。しかし、なかなか、スカッと暖かくならないですね。なんだか、イライラする4月です。

さて、今日は、久しぶりに、寺井尚子さんのバイオリン・ジャズを聴きました。寺井尚子さんを初めて知った時、バイオリンという楽器、どちらかというと、「バイオリン」と聞いて、頭に浮かぶ印象は、「クラシック」でしょうね。こんな印象な楽器ですから、この楽器でジャズを奏でられるなんて思っても見ませんでした。まあ、ジャズのバイオリン奏者って、ジャン=リュック=ポンティぐらいだからねえ。まさか、日本で、しかも、妙齢の女性がね。

とにかく、デビューアルバム 「Thinking of you」 の3曲目、ビ・バップの名曲 「ドナ・リー」をバイオリンで演られた時にゃ〜参った。セカンドアルバムの 「Pure Morment」 もジャズとフュージョンのええとこ取りで、なかなかのもので、これは、本格的なバイオリン・ジャズだな〜、と感心したもんだ (サード・アルバムの 「プリンセスT」には、ちょっとズッコケたけど・・・・)。

ただ、「アンセム」というアルバムには、凄くズッコケたので (あんな壮大な映画音楽なんかを、ジャズにアレンジして、バイオリンで演奏したら、そりゃあ、貴方、もう。それはジャズじゃなく、イージーリスニングになってしまうやないの・・・)、あんまり、期待しなくなったのが、最新アルバム 「夜間飛行」が、ちょっと、復調の兆しありで、今日は、彼女の唯一のライブアルバム を聴いたんだけど、これが実に良い。冒頭の 「スペイン」、3曲目の 「ブラック・マーケット」、9曲目 「リオ・ファンク」 、バイオリン・ジャズは、こんな、ちょっとエスニックな楽曲が実に合う。

今日は、久しぶりに、バイオリン・ジャズを堪能し、寺井尚子さんを見直した一日でした・・・・。

« 春はフュージョン | トップページ | 吉田拓郎の紙ジャケをゲット »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイオリン・ジャズって何?:

« 春はフュージョン | トップページ | 吉田拓郎の紙ジャケをゲット »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー